魔神風オムライス其の壱

   魔神風オムライス其の壱
  Omu-rice alla Majin Part1



  1.料理コンセプト



  2.材料(1人前)


  <食材>
  @米 75g
  Aトマト 小1個
  B塩 適量
  Cソーセージ 1本(ベーコンやハムで代用も可)
  D玉ネギ 1/6個
  Eマッシュルーム 4個(実は写真ではエリンギ小2本で代用している、その他シメジ等で代用も可)
  Fバター 適量
  G乾燥バジリコ 適量
  H白胡椒 適量
  I玉子 M3個
  Jハチミツ 適量
  K油 適量
  Lパセリ 適量

  <ソース>
  M白ワイン 
  Nインスタントコーヒー 小さじ半杯
  O適量ブルドック社のデミグラスソース 適量


  3.トマトリゾット(炊き込みごはん)の調理


  a.@を研ぎ、水を入れる
  b.ごはんを堅めに炊くため、水分量は入れるトマトの水分量を計算して、水はかなり少な目にしておく
  c.Aは、皮を湯剥きし、手で原形をとどめないよう、グチャグチャに潰す
  d.潰したAを炊飯器に入れ、Bを4g入れ、まんべんなくかき混ぜる
  e.刻んだ具材は、具材が炊飯ジャーの底で、ジャーの熱で焦げさせないため、@とAの上に置く
  f.Cは、縦に4等分、2ミリ幅に輪切りして、炊飯器に投入
  g.Dはみじん切りにして、炊飯器に投入
  h.Eは2ミリ幅くらいにスライスして、炊飯器に投入
  i.ごはんに多少のパラパラ感を出すため、Fを小さじ2杯炊飯器に投入
  j.炊飯器で、ごはんを炊く
  k.炊き上がったら、ジャーの中蓋と釜を取り出し、5分蒸らす
  l.蒸らし終わったら、GHを少量入れ、かき混ぜ円墳型に皿に盛りつける
  m.これだけで食べても、結構美味かったりする


  ※和風炊き込みごはんの場合

  n.水の代わりに、薄く取った(または1:1で水で割った)カツオ昆布ダシ(1番ダシ、2番ダシのいずれでも可)用意する
  o.醤油とミリンを小さじ1杯入れる
  p.塩で味を調える
  q.炊きあがりを想定して、かすかに塩味を感じるくらい超薄味にする
  r.後は、トマトリゾットと同様、上に具を乗せて、炊飯器で炊きあげるだけ


  4.玉子の準備


  全卵3個を割り、粗めに玉子のコシを切らないようかき混ぜる
  ハチミツが器の底に沈まないよう、フライパン投入直前に、ハチミツ小さじ2杯と塩をひとつまみ入れる
  手早くかき混ぜる
  最後のかき混ぜでも、玉子のコシを切らないよう注意する


  5.ソースの準備


  弱火で加熱したフライパンに、Mを20cc程度入れ、アルコールを飛ばす
  フライパンにNを入れる
  Oを入れ、沸騰しない程度に暖める


  6.調理


  さて、ここからは、手早さが勝負。
  s.オムレツ専用フライパンをじゅうぶん加熱し、おさじ2杯の油を加える
  t.フライパンに油を十分なじませたら、余分な油を捨てる
  u.焦げ付かないようフライパンを一旦火から外し、バター適量(フライパンの底がヒタヒタになるだけの量)加える
  v.フライパンを火にかけ、準備した玉子を投入(直前にハチミツ、塩を加える事に留意)
  w.玉子が半熟になるよう、手早くかき混ぜる
  x.フライパンの底の面を下にして、トマトリゾット(または和風炊き込みごはん)の上に乗せる
  y.上からソースをかけ、Lを上から振りかける


  7.できあがり


  いかがだろう?玉子は、フワフワトロトロ。玉子のコシを切らないから、玉子の黄身、白身の美味さが味わえる。
  トマトリゾットは、トマトの風味をバジリコの香りが引き立てる。
  ソースは甘さ、酸っぱさの中にも苦みがある。
  玉子は甘いが、トマトリゾットは甘くない。それにソースの苦さが加わって、最後まで飽きずに食べられる。
  色味もきれいでしょう?
  玉子の黄色、褐色のソース、パセリの緑・・・しまったぁ!!写真取る時に、パセリかけるの忘れてた!!!





Last Update 2004.05.05 Created by Majin