海老のマヨネーズ炒め

   海老のマヨネーズ炒め
  Stir fries Shrimp with Mayonnaise



  1.料理コンセプト



  2.材料(1人前)


  <海老の味付け>
  @海老(ブラックタイガーがベスト)中6尾
  A塩
  B白胡椒
  C卵白
  D片栗粉
  E老酒(なければ紹興酒)

  <付け合わせ野菜>
  Fレタス 2枚程度

  <オーロラソース>
  Gマヨネーズ
  H生クリーム
  Iドライジン(Bombay 47度)
  Jトマトケチャップ

  <仕上げ>
  Kカシューナッツまたはピーナッツ 3粒程度


  3.オーロラソースの準備


  a.器にベースとなるマヨネーズ、生クリーム少々、ケチャップ少々、ドライジン少々入れ良くかき混ぜ、塩で味を調える
  b.出来たオーロラソースは、冷蔵庫で冷やしておく


  4.海老の下準備


  a.海老は、しっぽも含めてきれいに殻を剥く


  b.剥いた海老は表面のヌメリを取るため水で洗う
  c.海老の背ワタを取り、背中から切れ目を入れる


  d.海老に老酒を少量かけ、塩、胡椒をし、少量の卵白を入れ揉み込む
  e.卵白で、海老の表面が白くなってきたら、片栗粉適量を入れ、海老の表面に片栗粉をまとわす
  f.海老の尻尾を内側に入れ、俵型に整形し、表面に今度は沢山の片栗粉をまぶす



  5.レタスの準備


  a.レタスの葉を水洗いし、水切りをしてから2、3ミリ幅に千切りする
  b.千切りしたレタスを皿に盛りつける



  6.海老の揚げ


  a.カシューナッツを160度くらいの低温で10秒程度揚げる
  b.カシューナッツの油が落ち着いたら、細かく砕いておく。
  c.4で準備した海老を160度くらいの低温で1分弱揚げる
  d.海老をいったん取り出し、油を200度くらいの温度に上げる
  e.再び海老を投入し、表面がカリッとするまで揚げる(およそ30秒から1分以内)
    ※揚げすぎて海老の身が硬くならないよう注意する


  7.仕上げ


  a.中華鍋の温度を水などで下げる
  b.弱火で火にかけ、10秒後にオーロラソ−スを入れる
  c.海老を投入しオーロラソ−スをまとわせ、皿に盛りつけする
  d.砕いたカシューナッツを上からかける


  8.できあがり


  カリッと揚がった俵型の海老に、こくのあるオーロラソースがからんで、えも言われぬ美味さ。
  海老にマヨネーズなんて子供の料理とお思いのあなた、オーロラソースのドライジンが味を引き締め大人の味に仕上がっている。むしろドライジンで酔っぱらいそうな料理。
  酒の飲めない人は、ドライジンの量を控えるか、ドライジンの代わりに超辛口の白ワイン、やせた冷涼な気候で育てられたシャルドネのワイン、例えばシャブリとかをアルコールを飛ばして入れると良い。
  ちょっと酸味が強くなり、別な料理みたいになるが、これはこれで美味い。むしろ、オリジナルのオーロラソースより美味かったりして。
  え!?シャブリを入れるなんて、勿体ない?じゃあ、シャルドネじゃないが、イタリアのエスト・エスト・エストにしましょう。それなら千円以下。
  間違えてもカベルネ・ブランのワインはやめましょう。小便臭い香りが料理に合わない。




Last Update 2003.07.27 Created by Majin