徳島県





  三好市




  池田町



  三芳菊 純米吟醸 無濾過生原酒


評価
評価日
2014年02月07日
価格
-----
辛さ
●●○○○ 中くらい
喉越し
●●●○○ 中くらい
香り
●○○○○
酸味
●●●○○
蔵元
三芳菊酒造株式会社
MEMO
 三芳菊酒造株式会社は、明治36年(1903年)創業、徳島県三好市の老舗醸造所。 社名の由来はその酒が、「其香芳しく其の色淡く其の味美しきを以て三芳菊と名付ける」。 原料米、福井五百万石。 精米歩合60%、日本酒度不明、酸度不明、アルコール16度。 フルーティ比類ない日本酒で、まるでパイナップルジュースのような味の酒のはずが・・・ 火入れしない生原酒だけに、瓶内二次発酵したようで、フルーティーさが消え、辛目の味わいになっている。 残念ながら、この酒本来の味ではなかった。
 ※2014年02月07日鯨の胃袋(くじらのいぶくろ)にて。





 香川県





  仲多度郡




  琴平町



  悦凱陣(よろこびのがいじん)純米無濾過生


評価
★★
評価日
2009年12月11日
価格
-----
辛さ
●●●●○ 辛口
喉越し
●●●●○ 重め
香り
●○○○○
酸味
●●●○○
蔵元
有限会社丸尾本店
MEMO
 創業明治18年(1885年)の老舗酒蔵、丸尾本店のブランド、悦凱陣(よろこびのがいじん)。地元香川県で生産される、オオセトを麹米と掛米に使っている。日本酒としては珍しく、3割しか磨いていない低精白醸造。アルコール18.5度、日本酒度+7、酸度2.0。もっと米臭いのかと思いきや、それほどでもなく、むしろ米特有の甘味を感じる。値段の割に、美味い酒だ。
 ※2009年12月11日NAGARAにて。



  悦凱陣 手造り 本醸造


評価
評価日
2013年04月20日
価格
-----
辛さ
●●●○○ 辛目
喉越し
●○○○○ 軽目
香り
●○○○○
酸味
●○○○○
蔵元
有限会社丸尾本店
MEMO
 有限会社丸尾本店は、創業明治18年(1885年)の老舗醸造所。 悦凱陣(よろこびがいじん)は、主力ブランド。 原料米、オオセト。精米歩合60%、日本酒度+11、酸度1.3、アルコール15.5度。 日本酒度の数値が、必ずしも味を表しているものでないとは言え、数値ほどには極辛ではない。 それほど痩せた味ではなく、米の味わいもある。美味い日本酒と言うレベルではないが、本醸造としては悪くない味かも。
 ※2013年04月20日讃岐手打ちうどん すみたにて。





 高知県





  安芸郡




  芸西村



  土佐しらぎく 特吟 吟醸酒


評価
★★★★
評価日
2005年06月24日
価格
-----
辛さ
●●●●○ 辛口
喉越し
○○○○○ 軽い
香り
●●●○○
酸味
○○○○○
蔵元
仙頭酒造場
MEMO
 1年に1回しか出荷されない、ある意味幻と言って良い日本酒。しかも安い!?広島八反錦を50%まで贅沢に削って作った日本酒。全然普通な端麗な味だが、このふくよかな香りは、何?この味で、小売価格を知ると、びっくりするよ!!本当。
 ※2005年06月24日くろがねにて。





  安芸市




  赤野甲



  安芸虎 阿波山田錦純米酒80%精米


評価
★★
評価日
2013年12月21日
価格
-----
辛さ
●●●●○ 辛口
喉越し
●●●○○ 中くらい
香り
●○○○○
酸味
●●●●○
蔵元
有限会社有光酒造場
MEMO
 明治36年(1903年)創業の有限会社有光酒造場の玉川と並ぶ主力銘柄の1つ。 赤野川のそばに井戸を掘り、その井戸水を仕込み水に使用。 原料米、阿波山田錦。精米歩合80%、日本酒度+9、酸度1.8、アルコール16度。 80%精米は、この蔵で初めてだそう。 飲んですぐの後、遅れて2度目の味わいが来るような感じの酒。 辛いが、すぐに消えふくよかさもある。 味わいはスッキリしていて、きつい辛さではない。 米の存在感、醸成感がある。 もちろん料理に合うが、きつい辛さでない事から、飲んでも美味い酒。 個性的で好きな味だ。
 ※2013年12月21日ら・すとらあだにて。





  高知市




  堺町



  司牡丹 純米吟醸


評価
★★
評価日
2008年03月20日
価格
-----
辛さ
●●●●○ 辛口
喉越し
●○○○○ 軽め
香り
●○○○○
酸味
○○○○○
蔵元
司牡丹酒造株式会社
MEMO
 今風の個性的な日本酒ではなく、キリッとした辛さの中に、甘味がある、昔懐かしいタイプの味わいの日本酒。久々に、このタイプのを飲んだが、意外にも食材とは合わせやすい気がする。
 ※2008年03月20日九段一茶庵(くだんいっさあん)にて。




  長浜



  酔鯨 純米吟醸


評価
評価日
2013年10月25日
価格
-----
辛さ
●●●○○ 辛目
喉越し
●○○○○ 軽め
香り
●○○○○
酸味
●○○○○
蔵元
酔鯨酒造株式会社
MEMO
 酔鯨酒造株式会社は、創業明治5年(1872年)の老舗醸造所。 昭和44年(1969年)に、酔鯨酒造有限会社へ改組、昭和47年(1972年)に株式会社となる。 代表銘柄酔鯨は、古くから高品質な日本酒として知られて来た。 純米吟醸と言っても、レギュラー銘柄は何種類もあり、このがどの銘柄か分からない。 言える事は、いわゆる酔鯨の純米吟醸イメージ通り、米の香りがありつつ、辛口でありながらしっかりしたボディを持つ。 個人的には今、積極的にこの酒を飲みたいとは思わないが、いい酒であることは確か。
 ※2013年10月25日十割蕎麦 遊山(ゆさん)にて。





  土佐市




  出間



  長春萬寿 亀泉


評価
★★
評価日
2004年11月12日
価格
-----
辛さ
●●●●○ 辛口
喉越し
●○○○○ 軽め
香り
●○○○○
酸味
○○○○○
蔵元
亀泉酒造株式会社
MEMO
 この酒、初めて飲んだ。スッキリしているが、ボディがしっかりしていて、なかなか良い酒だ。
 ※2004年11月12日中江にて。





  高岡郡




  佐川町



  司牡丹 船中八策


評価
★★
評価日
2012年01月17日
価格
-----
辛さ
●●●●○ 辛口
喉越し
●●○○○ 軽め
香り
●○○○○
酸味
●●○○○
蔵元
司牡丹酒造株式会社
MEMO
 司牡丹酒造のルーツは、安土桃山時代末期土佐に入国した山内家の首席家老、深尾和泉守重良。法人としての司牡丹酒造は、大正7年(1918年)創業。銘柄の由来は、坂本龍馬船中八策。原料米、山田錦、北錦。精米歩合60%、アルコール15度から16度、日本酒度+8、酸度1.4。かなりの辛口が特徴の日本酒で、料理に良く合う。一時期、辛口の日本酒が流行した時期があり、その頃からの極辛口。個人的には、もう少しふくよかさがあると良いな。
 ※2012年01月17日蕎麦 たじまにて。



  船中八策 純米辛口


評価
★★
評価日
2013年12月27日
価格
-----
辛さ
●●●●○ 辛口
喉越し
●○○○○ 軽い
香り
●○○○○
酸味
●○○○○
蔵元
司牡丹酒造株式会社
MEMO
 司牡丹酒造は、高知県の佐川町にあり、酒蔵の前身は戦国時代と言う、創業400年以上の老舗。 現在の法人となったのは大正7年(1918年)、いくつかの地元の酒蔵と合併した。 社名の司牡丹は、地元出身の名士、元宮内大臣の田中光顕伯爵。 高知県・・・土佐と言うと、地元の英雄、坂本竜馬。 船中八策とは、慶応3年(1867年)6月9日、坂本龍馬が土佐藩船、夕顔丸の船上にて、明治維新のあり方について説いた文書。 原料米、山田錦。精米歩合60%、日本酒度+8、酸度1.4、アルコール15〜16度。 この酒は、昔からかなりの辛口に醸造されているが、ボディがふくよかで、それほど辛いと感じさせないのが特徴。 口に入れて辛味はあるものの、旨味もあり、後味すっきり。 ともすれば、辛口の日本酒は、辛いが味わいに乏しいものがあるが、この酒は正反対。 ある意味個性的な味わいで、久々に飲んだが、味の方向性が変わっていなくて安心した。
 ※2013年12月27日手打蕎麦処 紫仙庵(しせんあん)にて。




  中土佐町



  久礼 特別純米 手詰直汲み


評価
★★
評価日
2014年10月18日
価格
-----
辛さ
●●●●○ 辛口
喉越し
●●○○○ 軽め
香り
●○○○○
酸味
●●○○○
蔵元
有限会社西岡酒造店
MEMO
 有限会社西岡酒造店は、天明元年(1781年)創業。 仕込水は地下湧水、四万十川源流名水を使用。 原料米として、山田錦や、四万十川源流の里で昔ながらの農法で自然栽培した酒造好適米を使用。 近年、吟醸酒づくりに力を入れ、全国新酒鑑評会金賞受賞や、四国清酒鑑評会優等賞受賞している。 原料米、松山三井。精米歩合60%、日本酒度+5、酸度1.8、アルコール17度。 フルーティで、辛味と甘みの両立した旨口タイプ。 最初は甘いのかと思いきや、アルコール度数のせいか辛味もある。 料理にも合い、飲んでも美味い自分の好きなタイプの味わい。 しかし、味わいにもう少しシャープさがあれば、なおよし。
 ※2014年10月18日ら・すとらあだにて。





 愛媛県





  西条市




  周布



  賀儀屋 無濾過純米吟醸


評価
★★
評価日
2012年11月18日
価格
-----
辛さ
●●○○○ 甘目
喉越し
●○○○○ 軽め
香り
●○○○○
酸味
●○○○○
蔵元
成龍酒造株式会社
MEMO
 創業1877年の愛媛県西条市の酒造、成龍酒造株式会社の日本酒。 原料米、松山三井。精米歩合60%、日本酒度+3.0、酸度1.4、アルコール14度〜15度。 無濾過の割に、透明度が高い。 やや甘目ながらも、フルーティではなく、キリリと締まりもある味。 味わいに米特有の風味があり、今風と昔ながらの日本酒の、いいとこどりのような味わい。
 ※2012年11月18日蕎麦と酒 旭(あきら)にて。