日本 Japan






  北海道 Hokkaido




  江別市 Ebetsushi



  ノースアイランド白鬼


評価
★★
評価日
2014年06月20日
価格
-------
Maker
SOCブルーイング株式会社
タイプ
アメリカン・ウィート・エール
原 料
不明
コク
●○○○○
苦み
●○○○○
風味
●●●○○
アルコール
8.0度
MEMO
 SOCブルーイング株式会社は、創業2003年5月の北海道江別市の地ビール醸造所。 ノースアイランドは、SOCブルーイングのビールブランド。 当初、札幌で創業したが、その後隣町江別市に移転。 カナダで修業した、2人のブルーマスターによって、こだわりのクラフトビールが醸造されている。 現在のレギュラー・ラインナップは、ピルスナー、ブラウンエール、ヴァイツェン、スタウト、インディア・ペール・エール(IPA)、コリアンダー・ブラック。 ノースアイランド白鬼は、恐らく「しろおに」と読むと思う。 アメリカン・ウィート・エール、一般論としてはヴァイツェンのアメリカ流のエール。 原料は調べたが不明。 バナナ、花のような甘い香り、柑橘系の風味がし、酵母由来のエステル香もある。 サッパリしたタイプの味わいで、それでいてコクも切れもある。
 ※2014年06月20日Himalaya Table(ヒマラヤ・テーブル)にて。



  ノースアイランド黒鬼


評価
★★
評価日
2014年07月05日
価格
-------
Maker
SOCブルーイング株式会社
タイプ
ポーター?
原 料
不明
コク
●●●○○
苦み
●●○○○
風味
●○○○○
アルコール
不明
MEMO
 SOCブルーイング株式会社は、創業2003年5月の北海道江別市の地ビール醸造所。 ノースアイランドは、SOCブルーイングのビールブランド。 当初、札幌で創業したが、その後隣町江別市に移転。 カナダで修業した、2人のブルーマスターによって、こだわりのクラフトビールが醸造されている。 現在のレギュラー・ラインナップは、ピルスナー、ブラウンエール、ヴァイツェン、スタウト、インディア・ペール・エール(IPA)、コリアンダー・ブラック。 黒鬼(くろおに)と読む。 このビールの詳細は不明。 ブラックエールとか呼んでいるので、アンバー・エールのようなものじゃないかとは思うのだが。 味わいも、焙煎した小麦のような風味があり、シュバルツ(黒ビール)のような甘味はない。 小麦の焙煎香があり、コクがあるものの、意外にも単調な味わい。 キャラメルっぽいニュアンスはあるものの、もっと様々な味と香りが欲しいものだ。
 ※2014年07月05日Himalaya Table(ヒマラヤ・テーブル)にて。




  小樽市 Otarushi



  ジンジャー&ペールエール・ストロング
GINGER & PALE ALE STRONG



評価
★★
評価日
2010年06月20日
価格
-------
Maker
北海道麦酒醸造
タイプ
ペール・エール/ハーブビール
原 料
ビール、スピリッツ、糖類、生姜、香辛料、レモン果汁、香料
コク
●●●○○
苦み
●○○○○
風味
●●●○○
アルコール
8.0度
MEMO
 北海道の地ビール製造、北海道麦酒醸造が作った、個性的な酒。法的には発泡性リキュールに分類されているが、ビールのカテゴリでいいんだろうな。味的には、ビールフレーバーのボディに、ガッツリ生姜が利いて辛く、コリアンダーなんかの香辛料の香りがし、ガツンとリキュールのアルコールが鼻に抜ける。かなり個性的な味わい。たくさん飲むと飽きるかも。





  秋田県 Akita




  仙北市 Senbokushi



  ゲンマイビール
  GenMai Beer



評価
★★
評価日
2012年04月24日
価格
\525
Maker
湖畔の森Beer
タイプ
ピルスナー
原 料
麦芽、あきたこまち玄米、ホップ
コク
●●○○○
苦み
●●●○○
風味
●○○○○
アルコール
5.5度
MEMO
 1998年創業、レストラン併設の地ビールの醸造所、湖畔の森Beerが作った個性的なビール。 全国酒類コンクルールで、何度もの受賞経験を持つ。 2006年には、あきたこまちを使ったラガービールを造り、春季と秋季の全国酒類コンクルールで入賞している。 このビールは、あきたこまち玄米を使ったラガービール。 ビールにかすかではあるが、いかにも玄米の香ばしさがある。 玄米風味が強ければ、別の酒になってしまう訳で、この程度の玄米風味が正解かも知れない。 ビンには、「粗野にして繊細」と書いているが、スッキリして上品、粗野とは感じなかった。



  白神山水BEER


評価
★★
評価日
2012年10月21日
価格
\580
Maker
湖畔の森Beer
タイプ
ピルスナー
原 料
麦芽、あきたこまち、ホップ
コク
●●○○○
苦み
●○○○○
風味
●○○○○
アルコール
5.5度
MEMO
 1998年創業、レストラン併設の地ビールの醸造所、湖畔の森Beerが作ったビール。 全国酒類コンクルールで、何度もの受賞経験を持つ。 2006年には、あきたこまちを使ったラガービールを造り、春季と秋季の全国酒類コンクルールで入賞している。 このビールは、2010年の春季全国酒類コンクール入賞。 名水の白神山水を使い、あきたこまちは使っているものの、ピルスナータイプのビール。 大メーカーのビールは、麦芽のコストダウンに米を加えてビールを作るが、このビールは米を加えて甘みを出そうとしたのだろうか? とかく苦味が強くなるピルスナーで、苦味より甘みを感じる。 ピルスナー特有の切れもあり、飲み飽きない味わい。





  新潟県 Niigata




  阿賀野市 Aganoshi



  スワンレイク・ポーター


評価
★★★
評価日
2014年10月15日
価格
-------
Maker
スワンレイク・ビール
タイプ
ロブスト・ポーター
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●●○○
苦み
●●●○○
風味
●●○○○
アルコール
6.0度
MEMO
 1997年創業、結婚式場の天朝閣の地ビールの醸造所、スワンレイク・ビールが作ったポーター。 レストラン併設で、天朝閣のレストランでもビールが飲めるほか、外販もしている。 「新潟から挑戦」、「新潟から世界へ」、越後名水にこだわり、ビールが育つ環境と良質な素材にこだわり、最高の品質を追究。 現在、世界のビールコンテストで100近い受賞歴がある。 2006シアトルにて行なわれたワールド・ビア・カップで、日本のブュリュワリーとして初めて金賞を受賞。 このポーターは、World Beer Awards 2014において、Asia's Best Porter 2014金賞に輝いた。 焙煎した小麦を使い、黒色のビール。 ロブスト・ポーターとは、黒色ポーターの事。 色は濃厚そうに思えるが、ポーターの割には意外にもサッパリしている。 チョコレート、コーヒー、レーズンやプルーン、黒糖のようなニュアンスがある。 出された時は、冷えていて適温ではなかったが、温くなると味と香りが花開いた。
 ※2014年10月15日Himalaya Table(ヒマラヤ・テーブル)にて。





  群馬県 Gunma




  館林市 Tatebayashishi



  オゼノユキドケI.P.A


評価
★★★
評価日
2010年02月20日
価格
-------
Maker
龍神酒造株式会社
タイプ
インンディア・ペール・エール
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●●○○
苦み
●●●●○
風味
●●○○○
アルコール
5.0度
MEMO
 日本酒も作っている、龍神酒造が作った高品質なビール。3年連続モンドセレクション金賞受賞だそう。柑橘系のさっぱりとした香りがあり、アメリカ産ホップを5倍も使ったそうで、そのせいか後から強い苦味が来る。ただ苦いだけじゃない、旨味とコクがある。





  茨城県 Ibaraki




  那珂市 Nakashi



  常陸野ネスト ホワイト・エール


評価
★★★
評価日
2013年04月01日
価格
-------
Maker
木内酒造合資会社
タイプ
ホワイト・エール
原 料
麦芽、麦、ホップ、香草、果汁
コク
●○○○○
苦み
●●○○○
風味
●●○○○
アルコール
5.5度
MEMO
 木内酒造は文政6年(1823年)、国那珂郡鴻巣村の庄屋による創業した、日本酒の醸造所。 昭和62年(1987年)の地ビールブームを受けて、ビール醸造に参入。 そのハイレベルなビール醸造から、日本のビール醸造のトップクラスと目されている。 このホワイト・エールは、ベルギースタイルで、小麦麦芽とホップの他に、コリアンダー、オレンジピール、ナツメグ等を加えているそう。 ワールドビアカップの2度の金賞受賞、イギリス最大のビールコンテストでの金賞受賞等、世界中の受賞歴のあるビール。 泡は滑らかでクリーミー、エステル香があり、バナナのような風味。口にピリッとくるスパイシーさと、フルーティーさがある。 ベルギーに出しても恥ずかしくない、素晴しい味のビールだ。
 ※2013年04月01日JIYUGAOKA BURGER(自由が丘バーガー)にて。



  常陸野ネスト アンバー・エール


評価
評価日
2013年04月23日
価格
\390
Maker
木内酒造合資会社
タイプ
ペール・エール
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●○○○
苦み
●●○○○
風味
●○○○○
アルコール
6.0度
MEMO
 木内酒造は文政6年(1823年)、国那珂郡鴻巣村の庄屋による創業した、日本酒の醸造所。 昭和62年(1987年)の地ビールブームを受けて、ビール醸造に参入。 そのハイレベルなビール醸造から、日本のビール醸造のトップクラスと目されている。 このアンバー・エールは、ローストしたホップを使い、ビールを茶褐色にしたペール・エール。 あのホワイト・エールと同じメーカーなのか?と思うような、無難な味わい。 キャラメルのようなニュアンス、少しスパイシーなニュアンスはあるものの、香りも味にも深みはない。



  常陸野ネスト ペール・エール


評価
評価日
2013年06月01日
価格
\390
Maker
木内酒造合資会社
タイプ
ペール・エール
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●○○○
苦み
●●○○○
風味
●●○○○
アルコール
5.0度
MEMO
 木内酒造は文政6年(1823年)、国那珂郡鴻巣村の庄屋による創業した、日本酒の醸造所。 昭和62年(1987年)の地ビールブームを受けて、ビール醸造に参入。 そのハイレベルなビール醸造から、日本のビール醸造のトップクラスと目されている。 このペール・エールは、英国産ホップを使った、英国スタイルのペール・エール。 これまた、あのホワイト・エールと同じメーカーなのか?と思うような、無難な味わい。 柑橘系のようなニュアンス、甘い香りはあるものの、香りも味にも一本調子の感がある。





  埼玉県 Saitama




  川越市 Kawagoeshi



  コエド瑠璃
  COEDO Ruri



評価
★★★
評価日
2011年07月30日
評価日
2010年04月18日
価格
\250
Maker
株式会社協同商事コエドブルワリー
タイプ
ピルスナー
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●●○○
苦み
●●●○○
風味
●●○○○
アルコール
5.0度
MEMO
 川越の地ビール。2006年に、タイプの異なる5製品をブランド化した。瑠璃は、2007年モンドセレクション最高金賞受賞。2009年Superior Taste Awardで二つ星受賞。プレミアムピルスナーで、後口に苦味がありつつ、柑橘系のさわやかな風味とエステル香がある。



  コエド伽羅
  COEDO Kyara



評価
★★
評価日
2011年07月23日
評価日
2010年06月26日
価格
\250
Maker
株式会社協同商事コエドブルワリー
タイプ
インディア・ペール・ラガー
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●●○○
苦み
●●●○○
風味
●●○○○
アルコール
5.0度
MEMO
 川越の地ビール。2006年に、タイプの異なる5製品をブランド化した。伽羅は、2007年モンドセレクション金賞受賞。2009年Superior Taste Awardで二つ星受賞。2010年ドイツ・メルツェンビール部門でシルバーメダルを獲得。伽羅のビールタイプは不明だが、味わいからピルスナーとした。瑠璃にと比べると、コクはないものの、クセはなく、すっきりとした味わいで、飲みやすい。





  東京都 Tokyo




  墨田区 Sumidaku



  初号アサヒビール復刻版


評価
★★
評価日
2012年03月13日
評価日
2011年12月18日
価格
\210
Maker
アサヒビール
タイプ
ピルスナー
原 料
麦芽、ホップ
コク
●○○○○
苦み
●●●○○
風味
●○○○○
アルコール
5.5度
MEMO
 明治25年に出した、最初のアサヒビールの復刻版。当時の分析書を元に、再現しているそう。非熱処理のモルト100%のビール。コクがあるタイプではなく、キレがあるタイプ。後からしっかり苦味も来る。




  台東区 Taitoku



  カンピオン・エール・フェスティバル・エール
Campion Ale Festival Ale



評価
★★★
評価日
2014年05月24日
価格
\750
Maker
Campion Ale
タイプ
イングリッシュ・ペール・エール
原 料
不明
コク
●○○○○
苦み
●●○○○
風味
●●○○○
アルコール
4.5度
MEMO
 記憶に間違えなければ、アルコール4.5度。 イングランド・ペールエールなんだそうだが、オレンジピールだったか、レモンピールだったか、とにかく柑橘風味をつけている。 そのせいもあり、ちょっとアメリカン・ペールエールっぽいニュアンスを感じた。 スッキリとしていて、それでいて切れがあり、複雑な香り、味わいもある。 エールが苦手な人でも、飲みやすいと思う。 出来れば、原材料表示があるとありがたい。
 ※2014年05月24日Campion Ale(カンピオン・エール)にて。



  カンピオン・エール・アンバー
Campion Ale Amber



評価
★★★
評価日
2014年05月24日
価格
\750
Maker
Campion Ale
タイプ
イングリッシュ・ペール・エール
原 料
不明
コク
●●○○○
苦み
●●●○○
風味
●●○○○
アルコール
不明
MEMO
 先のフェスティバル・エールより、少し重たく作っている。 アルコール5.0じゃなかったか? アルコール度数の違いばかりじゃなく、エールの作りが異なる。 こちらには、柑橘っぽいフルーティさはすくなく、より麦のコクが前に出る。 自分はもう少し麦汁の甘味、コクが出た方が好みではあるが、切れとコクのバランスが好きな人なら、好みだろう。
 ※2014年05月24日Campion Ale(カンピオン・エール)にて。




  文京区 Bunkyoku



  アウグス・ビール・オリジナル
  August Beer Original



評価
★★
評価日
2010年07月04日
評価日
2009年01月02日
価格
-------
Maker
アウグス・ビール
タイプ
ピルスナー
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●●○○
苦み
●●○○○
風味
●●○○○
アルコール
不明
MEMO
 アウグス・ビールは、ビールの企画を行い、製造は外部委託している。これは福島で醸造された、モルト100パーセントのビール。スッキリした飲み口で、さりとて薄くはなく、苦味は少なく、むしろ甘味すら感じる。美味いビールだ。
 ※2010年07月04日August Beer Club(アウグス・ビア・クラブ)六本木店にて。
 ※2009年01月02日聘珍樓(ヘイチンロウ)本店にて。



  トシズ IPA(インディア・ペール・エール)
  TOSHI'S IPA(INDIA PALE ALE)



評価
★★★
評価日
2010年07月04日
価格
-------
Maker
アウグス・ビール
タイプ
インディア・ペール・エール
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●○○○
苦み
●●●●○
風味
●●●○○
アルコール
不明
MEMO
 日本のエールの第一人者、石井敏之氏・・・って、自分は良く知らないが、インディア・ペール・エール。インディア・ペール・エールとは、イギリスからインドへの輸送の際にビールが劣化しないよう、麦芽ホップを多く使ったエール。このエールは、麦芽が通常の1.5倍、ホップ4倍使っているんだそうで、飲んでみると確かに苦いが、飲み続けるとコクのある味わいがある。
 ※2010年07月04日August Beer Club(アウグス・ビア・クラブ)六本木店にて。




  港区 Minatoku



  馨和
  KAGUA ROUGE



評価
★★
評価日
2014年03月22日
価格
-------
Maker
日本クラフトビール株式会社
タイプ
ペール・エール
原 料
大麦麦芽、ホップ、山椒、ゆず
コク
●●●○○
苦み
●●○○○
風味
●●○○○
アルコール
9.0度
MEMO
 2011年9月7日設立の日本クラフトビール株式会社の、個性的ペール・エール。 代表取締役山田司朗氏は、元々ファイナンスをしていたが、ビール事業に魅力を感じ、会社を設立した。 ブランド商品の馨和(かぐわ)は、和食に合うビールをコンセプトに、ROUGE(ルージュ)とBLANC(ブラン)の2種ある。 このROUGEは焙煎小麦を使った、濃色のペール・エールで、肉との相性を考えて作ったんだそう。 山椒やゆずを使っているところからも、和食と合わせると言うコンセプトが見て取れるが、クラフトビールを知っているものなら、別にゆずを使わなくとも柑橘フレーバーは出ると知っている。 アルコール度数は高く、飲み応えはあるものの、山椒やゆずの利きに見るべきものなく。 小麦のコクがあるでなく、味は悪くないが、利益主義だけが見て取れる中途半端な味わい。
 ※2014年03月22日鈴木酒販にて。




  渋谷区 Shibuyaku



  キリン・ハートランド
  Kirin Heartland



評価
★★
評価日
2013年06月30日
評価日
2013年06月24日
評価日
2013年06月18日
評価日
2012年10月25日
評価日
2011年11月09日
評価日
2011年08月30日
評価日
2005年11月20日
価格
-------
Maker
キリンビール
タイプ
ピルスナー
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●○○○
苦み
●●○○○
風味
●○○○○
アルコール
5.0度
MEMO
 キリンビールのモルト100%ビール。軽い口当たりだが、麦の香りがして苦み控えめ、甘みすら感じる。意外にと言っては失礼だが、しっかりした味わいで、切れのあるビール。
 ※2005年11月20日豚組にて。
 ※2011年08月30日Puja(プージャー)にて。
 ※2011年08月30日sun2diner(サン・トゥー・ダイナー)にて。
 ※2013年06月18日木月キッチンにて。
 ※2013年06月24日Sempre Pizza(センプレ・ピッツァ)高田馬場店にて。
 ※2013年06月30日Puja(プージャー)にて。



  キリン一番搾り


評価
★★
評価日
2012年04月01日
価格
\200
Maker
キリンビール
タイプ
ピルスナー
原 料
麦芽、ホップ
コク
●○○○○
苦み
●●○○○
風味
●○○○○
アルコール
5.0度
MEMO
 現在はキリンビールのモルト100%ビール。以前は混ぜ物をしていた。 軽い口当たりで、麦の香りもあり、ホップもさほど強くなく、ある意味飲みやすい味わいとも言える。 軽目のビールが好きな人は、このビールは良いかも知れない。



  キリン一番搾り とれたてホップ


評価
★★
評価日
2012年03月25日
評価日
2012年02月26日
価格
\220
Maker
キリンビール
タイプ
ピルスナー
原 料
麦芽、ホップ
コク
●○○○○
苦み
●●●○○
風味
●○○○○
アルコール
5.5度
MEMO
 キリンビールの、有名なホップの産地、岩手県遠野市で、今年の夏に収穫したばかりのホップを使用したモルト100%ビール。軽い口当たりで、麦の香りもあり、ホップが利いてしっかり苦い。切れのある味で、料理とも合い、飲み飽きない。



  サッポロ・クラッシック
  SAPPORO CLASSIC



評価
★★
評価日
2010年07月31日
価格
-------
Maker
サッポロビール
タイプ
ピルスナー
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●○○○
苦み
●●○○○
風味
●○○○○
アルコール
5.0度
MEMO
 北海道限定のモルツビール。ラガータイプのモルツビールで、エビスビールプレミアムモルツのような濃厚な味わいではなく、口当たり軽やか。それでもモルツビールらしい、一本筋の通った麦芽特有の味わい、バランス良いホップの苦味がある。
 ※2010年07月31日壱鉄(いってつ)上野御徒町店にて。



  冬物語 2011〜2012


評価
★★
評価日
2012年03月12日
価格
¥220
Maker
サッポロビール
タイプ
ピルスナー
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●○○○
苦み
●●●○○
風味
●○○○○
アルコール
5.5度
MEMO
 期間限定のサッポロビールモルツビール。 ラガータイプのモルツビールだが、エビスビールより少し軽いか。 それでもモルツビールらしい、麦芽特有の味わいで、ホップの苦味があり、キレがある。



  那須森のビール・プレミアムピルスナー


評価
★★
評価日
2011年11月12日
価格
\550
Maker
サッポロビール
タイプ
ピルスナー
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●○○○
苦み
●●○○○
風味
●○○○○
アルコール
5.0度
MEMO
 元々、那須森のビール園限定のモルツビール。ピルスナータイプのモルツビールで、エビスビールプレミアムモルツのような濃厚な味わいではなく、口当たり軽やかで、麦芽の美味さもあり、後からホップの苦味が来るキレのある味わい。



  那須森のビール・プレミアムデュンケル


評価
★★
評価日
2011年11月26日
価格
\550
Maker
サッポロビール
タイプ
ピルスナー
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●●○○
苦み
●○○○○
風味
●○○○○
アルコール
5.5度
MEMO
 元々、那須森のビール園限定のデュンケルタイプのモルツビール。赤褐色のビールで、那須森のビール・プレミアムピルスナーと比べると、色が濃いだけではなく、麦芽の濃厚さもあり、ホップの苦味はやや柔らかい。それでも、クセのない飲みやすさで、複雑な味わいではない。



  那須森のビール・プレミアムヴァイツェン


評価
★★
評価日
2011年12月23日
価格
\550
Maker
サッポロビール
タイプ
ヴァイツェン
原 料
麦芽(大麦麦芽・小麦麦芽)、ホップ
コク
●●○○○
苦み
●●○○○
風味
●●○○○
アルコール
5.0度
MEMO
 元々、那須森のビール園限定のヴァイツェンタイプのビール。薄目の黄金色のビールで、バナナのような甘い香り、柑橘系の香りもあり、エステル香があり、後味のホップの苦味は柔らかい。クセのない飲みやすいビールだ。



  エビスビール


評価
★★
評価日
2012年09月17日
価格
\210
Maker
サッポロビール
タイプ
ピルスナー
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●○○○
苦み
●●○○○
風味
●○○○○
アルコール
5.0度
MEMO
 明治20年(1887年)創業の日本麦酒醸造會社が、明治23年(1890年)に恵比寿工場でドイツ人技師カール・カイザーを招聘して醸造した「惠比壽麦酒」が、このエビスビールの原型。 明治33年(1900年)のパリ萬國博覧會にて、出品30カ国の中見事に「金賞」受賞。 太平洋戦争中の昭和18年(1943年)に、ビールが配給制となりこれを機に消滅したが、昭和46年(1971年)に、日本初の麦芽100%のラガービールとして復活した。 昭和61年(1986年)には、それまで加熱処理していたのを改め、生ビールとしたのが、現在のエビスビール。 麦芽の味わいと、ホップの苦みが利いている、キレのあるビール。 反面、味わいに金属的なニュアンスがあるのは残念。 以前なら、どっしりとした重みがあると思っていたが、今ではアビィ・エールに比べれば、稚児のようなものだ。



  エビス・クリーミー・トップ・スタウト


評価
★★
評価日
2012年09月17日
価格
\210
Maker
サッポロビール
タイプ
スタウト
原 料
麦芽、ホップ、窒素
コク
●●●○○
苦み
●●●○○
風味
●●○○○
アルコール
5.0度
MEMO
 明治20年(1887年)創業の日本麦酒醸造會社が、明治23年(1890年)に恵比寿工場でドイツ人技師カール・カイザーを招聘して醸造した「惠比壽麦酒」が、このエビスビールの原型。 明治33年(1900年)のパリ萬國博覧會にて、出品30カ国の中見事に「金賞」受賞。 太平洋戦争中の昭和18年(1943年)に、ビールが配給制となりこれを機に消滅したが、昭和46年(1971年)に、日本初の麦芽100%のラガービールとして復活した。 昭和61年(1986年)には、それまで加熱処理していたのを改め、生ビールとしたのが、現在のエビスビール。 サッポロビールは、2006年からエビスビールのブランド強化に乗り出し、このビールはその一環。 麦芽の焙煎、独自の苦みはあるものの、スタウト特有のコーヒー、キャラメル、チョコレートなんかの風味はあまりない。 泡の出は良く、スタウト特有のコクはあるものの、比較的あっさりした方で、いずれも中途半端に思える。 この辺は日本人向けと言う事なのか、味は悪くないが、醸造方針には疑問を感じる。



  ザ・グラマシー・キッチン・ペール・エール
  THE GRAMERCY KITCHEN PALE ALE



評価
★★
評価日
2009年09月11日
価格
-------
Maker
木内酒造
タイプ
ペール・エール
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●○○○
苦み
●●○○○
風味
●●○○○
アルコール
不明
MEMO
 エステル香はあるものの、チェリーを思わせるフルーティな香りで、さわやかな味わいとホップのほろ苦さがある。素晴らしいペール・エールだ。記憶に間違えなければ、裏のラベルに木内酒造と書いていたと思うので、常陸野ネスト・ペール・エールと同じではないだろうか?
 ※2009年09月11日THE GRAMERCY KITCHEN TOKYO JAPAN(ザ・グラマシー・キッチン・トーキョー・ジャパン)にて。




  目黒区 Meguroku



  日本ビール 坂本竜馬


評価
評価日
2010年02月13日
価格
-------
Maker
日本ビール株式会社
タイプ
ピルスナー
原 料
大麦麦芽、ホップ
コク
●○○○○
苦み
●●○○○
風味
●○○○○
アルコール
4.5度
MEMO
 今年の大河ドラマにあやかって出したビール?と思いきや、調べると吉田松蔭、高杉晋作、近藤勇等、幕末の有名人の名前のビールを出している。ピルスナータイプのこのビールは、苦味はそこそこ、味わい薄く、風味もさほどでもなく、好みの味ではなかった。



  白濁(しろにごり)


評価
★★★
評価日
2011年05月28日
価格
\260
Maker
日本ビール株式会社
タイプ
ホワイト・エール
原 料
小麦麦芽、大麦、小麦、ホップ
コク
●●●○○
苦み
●○○○○
風味
●●●○○
アルコール
5.0度
MEMO
 日本ビールが、ベルギーで委託製造している、ホワイトエール。ちなみに、写真は間違えて逆さまに撮ったんじゃなく、缶の中の成分が沈殿しないよう、缶のプルトップ側を下にして冷蔵してほしいため。白濁と読めるように置くと、プルトップ側が下になる。製品名の通り白濁したビールで、コリアンダーやオレンジピールを使わないで作っているのに、グレープフルーツのような柑橘系のフルーティーさ、バナナのような甘いニュアンスがある。



  にごり白生


評価
★★★
評価日
2011年06月19日
価格
\270
Maker
日本ビール株式会社
タイプ
ホワイト・エール
原 料
大麦麦芽、小麦麦芽、大麦、小麦、ホップ
コク
●●●○○
苦み
●○○○○
風味
●●●○○
アルコール
5.0度
MEMO
 日本ビールが、ベルギーのマルテンス醸造所に委託製造している、ホワイトエール。白濁(しろにごり)と同じく、缶の中の成分が沈殿しないよう、缶のプルトップ側を下にして冷蔵する。製品名の通り白く濁ったビールで、コリアンダーやオレンジピールを使わないで作っているのに、グレープフルーツのような柑橘系のフルーティーさ、バナナのような甘いニュアンスがある。白濁(しろにごり)との違いは・・・並べて飲まないと、分からないな(笑)。




  品川区 Shinagawaku



  T.Y.ハーバー アンバーエール


評価
★★
評価日
2014年07月05日
価格
-------
Maker
ティー・ワイ・エクスプレス株式会社
タイプ
アンバー・エール
原 料
不明
コク
●●○○○
苦み
●●○○○
風味
●○○○○
アルコール
不明
MEMO
 1997年創業の、品川の寺田倉庫のあった場所に作った、レストラン併設のクラフトビアレストラン。 親会社は寺田倉庫で、一族が別会社を興し、ティー・ワイ・エクスプレス株式会社創業した。 その後、飲食店何店舗かを経営する飲食企業となった。 現在では、レストランで出していたビールを一般にも販売していて、こうしてクラフトビールを飲める店にも卸している。 光の加減で黄色く見えるかも知れないが、実際は写真よりオレンジがかっている。 焙煎小麦を使っているが、香ばしさはさほどでもない。 フルーティな香りや花のような甘い香りもあるが、アンバーエールだと、もっとコク、複雑な味わいと香りが欲しい。 残念ながらもやっとした味わい。
 ※2014年07月05日Himalaya Table(ヒマラヤ・テーブル)にて。




  大田区 Otaku



  蒲田麦酒 小夏


評価
★★
評価日
2014年09月10日
価格
-------
Maker
株式会社羽田エクセルホテル東急
タイプ
不明
原 料
不明
コク
●○○○○
苦み
●○○○○
風味
●●○○○
アルコール
4.5度
MEMO
 株式会社羽田エクセルホテル東急が、新潟麦酒に委託して作らせ、2008年1月31日に発売したビール。 ラベルは蒲田麦酒だが、そのような法人は存在しない。 どうやら、株式会社羽田エクセルホテル東急が映画「蒲田行進曲」にちなみ、登場人物の小夏、銀四郎、安次(映画の役名はヤスでは?)の3種の異なる銘柄を発売した。 このビールは、大田区の飲食店でも卸され、現在でも店に出されているので、それなりに評判は良かったのだろう。 小夏は、当時まだ30歳になったばかりの美女、松坂慶子が演じていた。 ビールのスタイルは不明だが、ヴァイツェンだろうか? 泡の出は良くなく、柑橘や、バナナっぽい甘い香りがする。 クラフトビールらしさはあるものの、残念ながらもやっとした味わい。
 ※2014年09月10日locofee(ロコフィー)にて。




  小金井市 Koganeishi



  ガージェリー23ウィート
  GARGERY23 WHEAT



評価
★★★
評価日
2013年11月16日
価格
-------
Maker
株式会社ビアスタイル21
タイプ
エール/ヴァイツェン
原 料
大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ
コク
●●●●○
苦み
●●○○○
風味
●●●○○
アルコール
5.0度
MEMO
 市販されない、飲食店専門のビール。 メジャーな銘柄はピルスナーしかない日本のビール事情がつまらないので、様々なビールを造るために元キリンのビール職人が独立した。 株式会社ビアスタイル21は、キリンビールの企業内ベンチャーで、その後ビール製造委託先の越後ビールが株式を取得している。 GARGERY23 WHEATは、ドイツスタイルのヴァイツェンタイプのビール。 原材料大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ。 上面発酵で、かつビン内で長期発酵させて作ったビール。 ヴァイツェン特有の、バナナっぽさはあるものの、柑橘なフルーティさ、かと言って麦の個性も感じた。 もしかすると、ヴァイツェンのフルーティさと、飲みやすさを折衷した味を目指したのかも知れない。
 ※2013年11月16日蕎麦 Sycamore(シカモア)にて。




  多摩市 Tamashi



  多摩ビール・ヴァイツェン
  Tama Beer Weizen



評価
★★★
評価日
2007年03月10日
価格
-------
Maker
多摩ビール
タイプ
ヴァイツェン
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●●●○
苦み
●●○○○
風味
●●●○○
アルコール
5.0度
MEMO
 多摩ビールの一番人気のビールだそう。しっかりとした味わい、麦の香りがして、程良い苦みがあり、甘みもあり、ちょっぴりフルーティ。多摩ビールは初めてだが、美味いビールだ。
 ※2007年03月10日車家(くるまや)にて。





  神奈川県 Kanagawa




  厚木市 Atsugishi



  サンクトガーレン・ゴールデン・エール


評価
★★★
評価日
2011年10月23日
価格
-------
Maker
サンクトガーレン・ブリュワリー
タイプ
アメリカン・ペール・エール
原 料
麦、麦芽、ホップ
コク
●●○○○
苦み
●●○○○
風味
●●●○○
アルコール
4.8
MEMO
 社長の岩本伸久氏は、1993年にサンフランシスコでブルワリーパブ、カフェ・パシフィカをオープンし、ビールの醸造と販売を行っていた。1994年から六本木でアルコール度数1.0%未満のビールを出した事で、日本の地ビール第1号と言われる。1995年に、12月12日に発泡酒の製造免許を取得。1997年、神奈川県厚木市に醸造施設を造り、サンクトガーレンを設立する。2008年、モンドセレクションで、エントリーした4つのビール全てが入賞する。このビールは、売り上げの一部を、東日本大震災の被災地に寄付した。アメリカン・ペール・エールと言う事は、アメリカ産ホップを使用しているのか?オレンジががった濃い琥珀色のビール。グレープフルーツ等の柑橘系の香り、花のような甘い香り、エステル香があり、さわやかな飲み口で、複雑な風味があり美味い。



  サンクトガーレン YOKOHAMA XPA


評価
★★★
評価日
2012年08月29日
価格
-------
Maker
サンクトガーレン・ブリュワリー
タイプ
インディア・ペール・エール
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●●○○
苦み
●●●●○
風味
●●○○○
アルコール
4.8
MEMO
 社長の岩本伸久氏は、1993年にサンフランシスコでブルワリーパブ、カフェ・パシフィカをオープンし、ビールの醸造と販売を行っていた。1994年から六本木でアルコール度数1.0%未満のビールを出した事で、日本の地ビール第1号と言われる。 1995年に、12月12日に発泡酒の製造免許を取得。1997年、神奈川県厚木市に醸造施設を造り、サンクトガーレンを設立する。 2008年、モンドセレクションで、エントリーした4つのビール全てが入賞する。 このビールは、売り上げの一部を、東日本大震災の被災地に寄付した。 サンクトガーレンが、濁度が極端に低い横浜の水を使ったXPA(エクストラ・ペール・エール)。 このビールは、何とワールド・ビア・アワードで優勝したビール。 インディアン・ペール・エールのように、防腐効果のあるホップをふんだんに使った、ペール・エール。 写真では残念ながら、照明が暗くて、分かりにくいのだが、やや濃い目のきれいな黄金色をしている。 ライムのような柑橘類の香りが来て、爽やかな飲み口で、後からしっかり苦味が来る。
 ※2012年08月29日A & G DINERにて。




  茅ヶ崎市 Chigasakishi



  湘南ビール・ピルスナー


評価
★★
評価日
2014年06月22日
価格
-------
Maker
熊澤酒造株式会社
タイプ
ピルスナー
原 料
麦芽、ホップ
コク
●○○○○
苦み
●●○○○
風味
●○○○○
アルコール
4.8
MEMO
 熊澤酒造株式会社は、創業明治5年(1872年)の日本酒の老舗醸造所。 1996年には、日本酒造りの傍ら、ビール作りも開始した。 自分の飲み仲間によると、このブリュワーのビールは、どれもレベルが高いんだそう。 ピルスナーの適温は、8度。 8度だと、居酒屋のビールよりぬるい。 これも出された時には、少し温度が低かったなぁ。 ピルスナーとしては、少しだけコクがあるようには感じる。 のど越しも切れも良く、味わいも良い。 とは言え、ピルスナーだとこんなもんなのか?
 ※2014年06月22日Devil Craft(デビルクラフト)神田店にて。



  湘南ビール モトエイカーIPA


評価
★★★★
評価日
2014年07月05日
価格
-------
Maker
熊澤酒造株式会社
タイプ
インディア・ペール・エール
原 料
麦芽、小麦麦芽、ホップ
コク
●●○○○
苦み
●●●○○
風味
●●●○○
アルコール
6.0
MEMO
 熊澤酒造株式会社は、創業明治5年(1872年)の日本酒の老舗醸造所。 1996年には、日本酒造りの傍ら、ビール作りも開始した。 自社に深井戸を掘り、丹沢水系の蒸留水を使って作る。 ドイツのビール職人から技術を受け継ぎ、ドイツ製の醸造機器を使用している。 しかしこのブランドの凄さは、ラガー、ヴァイス、シュバルツのドイツ系ビールの質の高さもさることながら、スタウト、IPA(インディア・ペール・エール)なんかのイギリス系のビールも高品質。 モトエイカーIPAは、ニュージーランド産モトエイカーホップを使った、ある意味今風のIPA。 IPAらしい柑橘っぽさもありつつ、麦の香りとコクがあり、さらに後味の切れもある。 味わいも香りも、様々なパーツの組み合わせのバランスで、いくらでも美味くなるが、このビールは複雑な味と香りのバランスが良い。 実は自分、それほどIPAは好きではなかったが、このIPAは大好き。
 ※2014年07月05日Himalaya Table(ヒマラヤ・テーブル)にて。





  静岡県 Shizuoka




  伊豆の国市 Izunokunishi



  ビアバディ・レッド・エール


評価
★★
評価日
2014年06月20日
価格
-------
Maker
ビアバディ
タイプ
レッド・エール
原 料
麦、麦芽、ホップ
コク
●●○○○
苦み
●●○○○
風味
●○○○○
アルコール
4.8
MEMO
 ビアバディは、創業2010年1月の静岡県伊豆の国市の株式会社蔵屋鳴沢の地ビール醸造ブランド。 ビール製造工場を持たないビールブランド、ファントム・ブルワリー。 ビールは、オリジナルレシピによって、外部委託して作る。 レッド・エールと言うから、ベルギーのレッド・エールだと思っていたが、全然違う味だった。 こうして調べてみると、アンバー・エールスタイルのビール。 アンバー・エールは、ペール・エールスタイルで、色が濃くなる酵母だったり、麦芽をローストして濃い色を出す。 ビールの色合いが赤いペール・エールだから、レッド・エールなのだろう。 キャラメル、プルーン、チェリーの香りはあるものの、全体的にぼんやりした感じが惜しい。 このビールを美味いとする人もいるので、傷んでいたのだろうか? 瓶ビールならいざ知らず、この店のは生ビールなので、傷む事は考えられないが・・・
 ※2014年06月20日Himalaya Table(ヒマラヤ・テーブル)にて。



  ビアバディ FF20 ペールエール


評価
★★
評価日
2014年07月05日
価格
-------
Maker
ビアバディ
タイプ
ペール・エール
原 料
不明
コク
●●○○○
苦み
●○○○○
風味
●●○○○
アルコール
5.0
MEMO
 ビアバディは、創業2010年1月の静岡県伊豆の国市の株式会社蔵屋鳴沢の地ビール醸造ブランド。 ビール製造工場を持たないビールブランド、ファントム・ブルワリー。 ビールは、オリジナルレシピによって、外部委託して作る。 FF20 ペールエールは、100%オーストラリア産ホップで作ったペールエール。 まるでグレープフルーツのような柑橘系のニュアンスがあるが、前回飲んだレッドエールと同様、どこかどんよりした味。 かと言って、コクがあるでなく、やや中途半端な味わい。 レッドエールよりは好きな味だが、このブュリュワーとは相性が悪いのか?
 ※2014年07月05日Himalaya Table(ヒマラヤ・テーブル)にて。




  伊豆市 Izushi



  ベアード帝国IPA


評価
★★★
評価日
2014年08月02日
価格
-------
Maker
Baird Beer
タイプ
インディア・ペール・エール
原 料
麦芽、砂糖、ホップ
コク
●●○○○
苦み
●●●○○
風味
●●●○○
アルコール
6.5度
MEMO
 創業2000年3月の、アメリカ生れベアード・ブライアン氏&さゆり夫妻が営む、静岡県伊豆市の醸造所。 香りと風味、フレーバーを経験するビール作りをモットーとする。 当初の創業の地は沼津市。 2000年7月には沼津市に、さゆり氏の手料理を出すブリューパブ、ベアード・タップルームをオープン。 その後、人気によりタップルームは、国内4店舗ある。 このブリュワリーは、伝統的英国製法と、新進気鋭のアメリカン・スタイルの中間などと言われる。 このビールは、伝統的な英国のIPAスタイルで、加糖して風合いをドライに、飲みやすくしているそう。 ローストバーレイを使い、少し濃い目の琥珀色。 柑橘香、花のような甘い香りがある。 味わいには切れがあり、麦の風合いと、ホップの程良い苦みがある。 加糖している割に、甘くはない。 バランスを考慮して、醸造したのだろう。 美味いIPAだ。
 ※2014年08月02日nibu(ニブ)にて。



  ベアード・ライジング・サン・ペール・エール


評価
★★★
評価日
2014年08月02日
価格
-------
Maker
Baird Beer
タイプ
インディア・ペール・エール
原 料
麦芽、砂糖、ホップ
コク
●●○○○
苦み
●●●○○
風味
●●●○○
アルコール
6.5度
MEMO
 創業2000年3月の、アメリカ生れベアード・ブライアン氏&さゆり夫妻が営む、静岡県伊豆市の醸造所。 香りと風味、フレーバーを経験するビール作りをモットーとする。 当初の創業の地は沼津市。 2000年7月には沼津市に、さゆり氏の手料理を出すブリューパブ、ベアード・タップルームをオープン。 その後、人気によりタップルームは、国内4店舗ある。 このブリュワリーは、伝統的英国製法と、新進気鋭のアメリカン・スタイルの中間などと言われる。 このビールは、味のバランスを重視した、伝統的な英国のペール・エールだが、苦味と豊かな香りをもたらすホップはアメリカ産。 ローストバーレイを使い、少し濃い目の琥珀色。 柑橘香、青臭さ、花のような甘い香りがある。 味わいには切れがあり、麦の風合いもあり、ホップの苦みもあるが、帝国IPAほどには苦くない。 こちらは、加糖している特徴を感じる。 ブライアン氏は、「残りの人生では、数種類のビールしか飲んではいけないと言われたら、ライジングサン ペールエールは、そのリストに入るだろう」と言っている。
 ※2014年08月02日nibu(ニブ)にて。





  山梨県 Yamanashi




  甲府市 Kofushi



  アウトサイダー・ホワイトチョコレート・エール


評価
★★
評価日
2014年05月20日
価格
-------
Maker
アウトサイダー・ブリューイング
タイプ
ベルジャン・ホワイト・エール?
原 料
不明
コク
●○○○○
苦み
●○○○○
風味
●●○○○
アルコール
不明
MEMO
 創業2012年の山梨県甲府市の地ビール醸造所。 オーストラリアのメルボルン出身、現在は甲府に移住したマーク・メイジャー氏がオーナーで、醸造家を公募して、世界中の賞を受賞した日本の高名な醸造家、丹羽智に決定した。 アウトサイダーの高品質なビールは、たちまち日本のビール好きの間で評判となった。 ホワイトチョコレート・エールは、ホワイトチョコレートの風味がするエールだそうだが、一過性の銘柄だったのか、このビールの詳しい情報は不明。 確かにホワイトチョコレートの風味がする。 柑橘系の風味がし、また天然酵母っぽい香りもする。 ベルジャン・ホワイトのバリエーションのような気がするが、自信はない。
 ※2014年05月20日Himalaya Table(ヒマラヤ・テーブル)にて。





  長野県 Nagano




  下高井郡 Shimotakaigun



  志賀高原IPA


評価
★★★
評価日
2014年10月18日
評価日
2012年06月15日
価格
\260
Maker
玉村本店
タイプ
インディア・ペール・エール
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●●○○
苦み
●●●○○
風味
●●●○○
アルコール
6.0度
MEMO
 創業文化2年(1805年)と言う、日本酒「縁喜」で有名な、長野県の酒蔵、株式会社玉村本店。 その後、ビールやワインにも手を出し、いずれも高品質な製品を作っている。 株式会社玉村本店の志賀高原ビールは、以前から値段は高いが、見合った高品質なビールとして、ビール好きに愛飲されて来た。 アメリカンスタイルのインディアンペールエールだそうで、フルーティなエステル香がありつつ、ホップの苦みがガツンと利いた、キレのある味わい。 最初、アルコール8%もあるとは思えなかったが、1ビン飲むと結構酔う。
 ※2012年06月15日BOOMIN(ブーミン)にて。



  志賀高原IBA


評価
★★★
評価日
2014年10月15日
価格
-------
Maker
玉村本店
タイプ
インディア・ブラック・エール
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●●○○
苦み
●●●○○
風味
●●●○○
アルコール
7.0度
MEMO
 創業文化2年(1805年)と言う、日本酒「縁喜」で有名な、長野県の酒蔵、株式会社玉村本店。 その後、ビールやワインにも手を出し、いずれも高品質な製品を作っている。 株式会社玉村本店の志賀高原ビールは、以前から値段は高いが、見合った高品質なビールとして、ビール好きに愛飲されて来た。 黒色のビールで、インディア・ブラック・エールだから、ホップを利かせ、焙煎麦芽を使っているのだろう。 このホップは自家栽培なんだそう。 キャラメル、チョコレート、蜂蜜、ブラウンシュガー、ラム酒のようなニュアンスがある。 ホップが利いて、苦味もしっかり。 しかも濃厚な味わいでコクもあり、アルコール度数も高い。
 ※2014年10月15日Himalaya Table(ヒマラヤ・テーブル)にて。




  北佐久郡 Kitasakugun



  よなよなエール
  YONAYONA ALE



評価
★★★★
評価日
2012年03月12日
評価日
2012年02月25日
評価日
2008年03月21日
価格
\260
Maker
ヤッホー・ブルーイング
タイプ
アメリカン・ペール・エール
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●●○○
苦み
●●○○○
風味
●●●●○
アルコール
5.5度
MEMO
 軽井沢高原ビールのヤッホー・ブルーイングが造る、日本の数少ないエール。独特のエステル香はあるものの、エールとしてはクセがない。酸味、果実味があり、苦味と何か突出するでもなく、バランスが取れている、美味いビールだ。自分の、普段飲みビールの1つ。
 ※2008年03月21日CAFE & BAR 蜂の巣にて。



  インドの青鬼


評価
★★★
評価日
2015年04月04日
評価日
2011年07月10日
評価日
2010年07月11日
価格
\260
Maker
ヤッホー・ブルーイング
タイプ
インディア・ペール・エール
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●○○○
苦み
●●●●○
風味
●●●○○
アルコール
7.0度
MEMO
 軽井沢高原ビールのヤッホー・ブルーイングが造る、日本の数少ないインディア・ペール・エール。麦芽のさわやかな味わい、柑橘系、蜂蜜のフレーバーで、後から強い苦みが来る。この強い苦みは、好みが分かれるところだろう。



  サン・サン・オーガニック・ビール
  Sun Sun ORGANIC BEER



評価
★★★
評価日
2014年07月19日
評価日
2011年03月12日
価格
\260
Maker
ヤッホー・ブルーイング
タイプ
クリーム・エール
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●○○○
苦み
●●○○○
風味
●●●○○
アルコール
5.0度
MEMO
 軽井沢高原ビールのヤッホー・ブルーイングが造る、オーガニック・クリーム・エール。 上面発酵の一次発酵後、冷やして貯蔵するので、エール特有のフルーティなエステル香は少なく、まるでラガーみたいな味わい。 オーストラリア・インターナショナル・ビア・アワード2007「その他、エール部門」銅賞、2009年世界三大ビール品評会(IBC)「クリームエール部門」 銀賞受賞。 麦芽のコク、甘味があり、キレのある味わいで、フルーティさはほとんど感じられず、後から苦味が来る。
 ※2014年07月19日Himalaya Table(ヒマラヤ・テーブル)にて。



  東京ブラック


評価
★★★
評価日
2015年04月08日
評価日
2011年09月19日
価格
\280
Maker
ヤッホー・ブルーイング
タイプ
ポーター
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●●●○
苦み
●●●○○
風味
●●●○○
アルコール
5.0度
MEMO
 軽井沢高原ビールのヤッホー・ブルーイングが造る、ポーター。まあ、早い話が黒ビール。輸入されるポーターでは鮮度が落ちるため、日本で飲むためのポーターを作ったんだそう。インターナショナル・ビール・コンペティション2010ロブスト・ポーター部門の金賞を受賞。焙煎した麦芽を使った、真っ黒なビールで、強いコクがあり、チョコレート、コーヒーのような香り、後から強い苦みが来る。



  水曜日のネコ


評価
★★★
評価日
2011年09月19日
価格
\280
Maker
ヤッホー・ブルーイング
タイプ
ベルジャン・ホワイト・エール
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●○○○
苦み
●●○○○
風味
●●●○○
アルコール
4.5度
MEMO
 軽井沢高原ビールのヤッホー・ブルーイングが造る、ベルジャン・ホワイト・エール。 早い話が、ベルギースタイルの白ビール。 クラフトビール好きには言わずもがなだが、キンキンに冷やして飲むのはNG。 赤ワインより少し冷たい程度・・・10度以上15度未満あたりが、ホップの苦みと香りが出る良い温度じゃないだろうか? ビールとしては、温く感じる温度。 ベルギースタイルの白ビールによくあるように、白ビール特有の柑橘香に加え、オレンジピール、コリアンダーの香りが利いている。 水準以上に良く出来ていて、フルーティさに加えキレもある。



  前略 好みなんて聞いてないぜSORRY(2013年)


評価
★★★
評価日
2013年10月05日
価格
\290
Maker
ヤッホー・ブルーイング
タイプ
ホワイト・IPA
原 料
大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ、コリアンダーシード、オレンジピール、かつお節
コク
●●○○○
苦み
●○○○○
風味
●●●●○
アルコール
6.5度
MEMO
 軽井沢高原ビールのヤッホー・ブルーイングが造る、ホワイト・IPA。 早い話が、ベルジャンホワイトのIPAバリエーション。 大麦麦芽、小麦麦芽、コリアンダーシード、オレンジピール、この辺はベルジャンホワイトスタイルにあるパターン。 ホップを利かせているので、IPAと言う事か。 薄い黄金色をしていて、フルーティで柑橘系のニュアンスがあり、ホップが利いてキレもある。 ベルジャンホワイトのニュアンスを消さないためなのか、それほど強くはホップを利かせていない。 かつお節って何やねん(笑)。 言われないと分からないが、魚のニュアンスはある。 和食に合うエールを作りたかったのか? 水準以上に美味かった。



  ハレの日仙人


評価
★★★★
評価日
2014年09月07日
価格
-------
Maker
ヤッホー・ブルーイング
タイプ
バーレーワイン
原 料
麦芽、ホップ、糖類
コク
●●●●○
苦み
●○○○○
風味
●●●●○
アルコール
9.5度
MEMO
 軽井沢高原ビールのヤッホー・ブルーイングが造る、イングランドスタイルのバーレーワイン。 バーレーワインとは上面発酵のエールの製法で、ワイン並みにアルコール度数の高いビールの事で、直訳すると「麦のワイン」。 このビールは限定醸造で、初めて飲んだのは赤坂見附のよなよなビア・キッチン。 その時は、飲み仲間が絶賛するほどか?という感想だった。 あの時は、バーレーワインにしては冷えていて、ぬるくなるまで待つには終電が気になった。 この店で、ほぼ適温のぬるさ(推定12度から15度)で飲むと、香りも花開き、複雑な味わいの表情が出て来た。 蜂蜜、レーズン、ココナッツ、アーモンド、花のような甘い香り、土、木材、キャラメル、バニラの複雑な香り。 細かいクリーミーな泡立ち、どっしりした麦のコクがあり、鼻を抜ける感じで、アルコール度数が高いのが分かる。 香り、味わいとも申し分なく、素晴らしいビールだ。
 ※2014年09月07日bebu(ビブ)にて。



  軽井沢高原ビール 2012夏季限定 ESB


評価
★★
評価日
2012年09月09日
価格
\350
Maker
ヤッホー・ブルーイング
タイプ
エキストラ・スペシャル・ビター・ペール・エール
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●○○○
苦み
●●●○○
風味
●●●○○
アルコール
6.0度
MEMO
 軽井沢高原ビールの、2012年夏限定のESB。 ロンドンオリンピックに合わせ、2008年版ESBを復刻したそう。 缶の印刷が英国風なのは、そのせいなのだろう。 ESBとは、ペール・エールのビターの、アルコール強化したもの。 カラメルモルトを使用しているそうで、色合いは、少し濃い黄金色。 ESBは通常、炭酸封入しないものだが、このビールもそうなのか炭酸は弱目。 モルトを焙煎したニュアンスは出ているが、強くはない。 ESBと言う割に、ビター感も強くない。 かと言って、バランスで勝負していると言うほど、複雑玄妙な味と香りでもない。 味は良いが、どっちつかずの印象。




  駒ヶ根市 Komaganeshi



  南信州駒ケ岳エール


評価
★★★
評価日
2014年05月20日
価格
-------
Maker
南信州ビール株式会社
タイプ
ペール・エール
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●●○○
苦み
●○○○○
風味
●●○○○
アルコール
6.0度
MEMO
 創業1996年の長野県駒ヶ根市の地ビール醸造所。 中央アルプスの、きれいな雪解け水で醸造する。 ゴールデンエールは、ジャパン・ビア・グランプリで金賞を受賞したビール。 駒ケ岳エールは、この醸造所のゴールデンエールの流れをくむもので、さらにストロングにしたものだそう。 ジャパン・ビア・グランプリ2003で銀賞を受賞した。 原材料麦芽、ホップ。アルコール7.0度。 フルーティな柑橘系の香り、しっかりした麦の香り、そしてホップのしっかりした苦みがある。 作りはさっぱりしているものの、どっしりとしたコクがある。 自分の好きなタイプのビールだ。
 ※2014年05月20日Himalaya Table(ヒマラヤ・テーブル)にて。





  愛知県 Aichi




  名古屋市 Nagoyashi



  パープルスカイ・ペール・エール


評価
★★
評価日
2014年10月15日
価格
-------
Maker
Y.MARKET BREWING
タイプ
ペール・エール
原 料
不明
コク
●●○○○
苦み
●○○○○
風味
●●○○○
アルコール
5.6度
MEMO
 2014年3月10日創業の、名古屋市内のパブ併設のブリュワリー。 経営は、地元酒販会社の「おかだや」。 創業1年足らずで、40種以上のビールを生産。 ブリューパブで生産したビールは、外販もしている。 このペール・エールは、シトラホップを使っているものの、柑橘っぽさは強くない。 苦味も強くなく、切れはあるものの、濃厚でもなく、味や香りの複雑さは、さほどでもない。。
 ※2014年10月15日Himalaya Table(ヒマラヤ・テーブル)にて。




  半田市 Handashi



  カブトビール


評価
★★★
評価日
2014年01月31日
価格
-------
Maker
赤煉瓦倶楽部半田
タイプ
デュンケル
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●●○○
苦み
●●○○○
風味
●●○○○
アルコール
7.0度
MEMO
 明治20年(1887年)に、中埜酢店の4代目中埜又左衛門、その甥の盛田善平(敷島製パンの創業者)によって創業したのが、丸三麦酒醸造所。 愛知県半田市榎下町に新工場(半田赤レンガ建物)を建て、製造したのがカブトビールで、早くも明治30年(1900年)のパリ万国博覧会では、金牌受賞。 当時の4大ビールメーカー、エビス、キリン、サッポロ、アサヒを寄せ付けず、当時の中部地方で、最大シェアのビールだった。 その後、譲渡、合併が繰り返され、昭和18年(1943年)に戦時中の企業整備令によって、カブトビールの生産が終了する。 このカブトビールは、2005年以降、半田赤レンガ建物で醸造されるようになった復刻版。 アルコール7%と高目。 デュンケル・・・ぶっちゃけ黒のラガービール。 デュンケルは、麦芽をローストしているモノも多いが、このビールはローストしていないよう。 苦みもあるが、むしろ甘味を感じ、キャラメルのようなニュアンスもある。 鼻に抜ける時に、アルコール度数の強さを感じる。 美味いビールだ。復刻されてうれしい限り。
 ※2014年01月31日ハントコ・カフェにて。





  三重県 Mie




  桑名市 Kuwanashi



  上馬ビール ヘレス


評価
★★★
評価日
2014年09月07日
価格
-------
Maker
細川酒造株式会社
タイプ
ラガー/ヘレス
原 料
有機無農薬麦芽、有機ホップ
コク
●●○○○
苦み
●●○○○
風味
●●○○○
アルコール
5.0度
MEMO
 細川酒造株式会社は創業嘉永3年(1850年)の、日本酒の老舗醸造所。 1998年8月から、ドイツスタイルの地ビール醸造も行うようになり、ドイツから有機無農薬麦芽と有機ホップを輸入して、ビール作りをしている。 現在のレギュラー・ラインナップは、ヘレスとデュンケル。 ヘレスは、は下面発酵のラガービールで、淡色のものの事。 ドイツでは、アルコールの高いヘレスもあったはずだが、このビールは標準的な5度。 一般的ピルスナーと比べると、どこが淡色やねんと言う感じだが、元々ラガーは濃色ビールが多いので、そう考えると淡色のクチだろう。 実は自分、今調べて有機麦芽、ホップ使用と知ったが、このビールはとにかくすっきりした味わい。 麦芽っぽさも感じ、ピルスナーよりコクがあり、味わいにキレもある。 ラガーも、材料にこだわれば、良いビールになるという良い例か。
 ※2014年09月07日bebu(ビブ)にて。





  大阪府 Osaka




  箕面市 Minooshi



  箕面ビール おさるIPA


評価
★★★
評価日
2014年06月20日
価格
-------
Maker
株式会社箕面ビール
タイプ
インディア・ペール・エール
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●●○○
苦み
●●●○○
風味
●●●○○
アルコール
6.0度
MEMO
 株式会社箕面ビールは、創業1996年の大阪府箕面市の地ビール醸造所。 当初、他所の濃縮麦汁を使っていたが、2002年以降は麦芽から作っている。 現在のレギュラー・ラインナップは、ピルスナー、ペールエール、ヴァイツェン、インペリアル・スタウト、ダブルIPA。 インペリアル・スタウトは、ワールド・ビア・アワードで3年連続で金賞を受賞、ダブルIPAも同賞で2年連続で金賞を受賞等、生産するビールが5年連続世界のビールコンクルールで受賞している。 おさるIPAは、志賀高原で行われたNOW MONKEY BEER LIVE 2013の限定ビール。 原料は麦芽、ホップ、アルコール6.0度。 シトラ、クリスタル、アマリロの3種のアメリカンホップから作られる、アメリカンIPA。 イベントであまりに好評で、不定期に生産する準定番商品となった。 IPA特有の柑橘香、それでいてどっしりした麦風味、適度なホップ苦みがある。 さっぱりしたタイプではなく、濃厚でコクのある作り。 自分はIPAはそれほど好きではないが、この味は自分は好きだ。
 ※2014年06月20日Himalaya Table(ヒマラヤ・テーブル)にて。




  大阪市 Osakashi



  サントリー・ザ・プレミアム・モルツ
  Santory The Premium_Malt's



評価
★★
評価日
2013年08月22日
評価日
2012年11月16日
価格
\200
Maker
サントリー
タイプ
ピルスナー
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●○○○
苦み
●●○○○
風味
●●○○○
アルコール
5.5度
MEMO
 元々サントリー・モルツで定評のあったピルスナーの、高品質版。 1989年に、モルツ・スーパー・プレミアムとして売っていたビールを、2000年11月28日にモルツ・スーパー・プレミアム2001として売り出し、2001年4月17日にモルツ・スーパー・プレミアムと改名、2003年5月20日に現在の品名となった。 チェコ・ザーツ産のファインアロマホップ、ヨーロッパ産のアロマホップ、麦芽100%を使用している。 2005年モンドセレクションのビール部門グループIにおいて最高金賞を受賞。 以後2007年まで3年連続で、最高金賞を受賞。 エビスビールの欠点である、金属っぽさがなく、キレがあり、どっしりとした麦芽の旨味がある。 日本の大メーカーのビールとしては、一番好きで、自分の普段飲みビールの1つでもある。





  兵庫県 Hyougo




  伊丹市 Itamishi



  スノー・ブロンシュ
  Snow Blanche



評価
★★
評価日
2012年05月01日
価格
\500
Maker
小西酒造
タイプ
ベルジャン・ホワイト・エール
原 料
麦芽、小麦、ホップ、オレンジピール、コリアンダー
コク
●○○○○
苦み
●●○○○
風味
●●●○○
アルコール
4.5度
MEMO
 清酒「白雪」の小西酒造のクラフトビール。 実はこのメーカーはいち早くベルギービールに注目していて、1988年に契約して、ヒューガルデン・ホワイトを輸入している。 1995年から、白雪ビールのブランド名で、ビール醸造もしている。 この銘柄は、The Brewing Industry International Awards 2011において最高金賞を受賞。 スッキリとした飲み口で、酸味があり柑橘系フルーティな味と香り。 味は良いのだが、あまりに無難な味わい。 現在小西酒造の商品ラインナップには、載っていないように思う。





  広島県 Hiroshima




  廿日市市 Hatsukaichishi



  宮島ビール・デュンケル


評価
★★
評価日
2012年05月01日
価格
\500
Maker
宮島ビール
タイプ
デュンケル
原 料
不明
コク
●●○○○
苦み
●●○○○
風味
●●●○○
アルコール
5.0度
MEMO
 2010年3月創業の、広島県廿日市市宮島町の醸造所。 CEO有本茂樹氏は、外資系金融機関の金融商品撤退に伴い、会社を辞める事なり、帰省した。 不況な地元の状況を見て一念発起、アンカーリバティエールによってクラフトビールにハマった事から、クラフトビールで故郷に恩返しする事を決意した。 デュンケル・・・オールドスタイルの濃色ビール。 下面発酵・・・ラガータイプ。 見た目ほど、濃いビールではないが、キャラメルのようなニュアンスがある。 味わいには、麦芽のコク、甘味がある。
 ※2014年07月03日Himalaya Table(ヒマラヤ・テーブル)にて。





  福岡県 Fukuoka




  北九州市 Kitakyushushi



  門司港ピルスナー


評価
★★
評価日
2014年07月03日
価格
-------
Maker
門司港地ビール工房
タイプ
ジャーマン・ピルスナー
原 料
麦芽、ホップ
コク
●○○○○
苦み
●●○○○
風味
●○○○○
アルコール
5.0度
MEMO
 門司港地ビール工房は、1998年創業。 1996年にアメリカのワシントン州タコマ市で口にした、クラフトビールの味に衝撃を受け、門司港でもクラフトビールを出したいと、飲食店オーナーが設立した。 ジャパン・アジア・ビアカップ2011のヴァイスビール部門で、ヴァイツェンが金賞を受賞した。 このビールは、ジャーマンスタイルのピルスナー。 麦芽はドイツから9種類、ホップはドイツ、チェコ、アメリカのものを9種類、酵母はドイツから3種類使用して作ったんだそう。 一般論として、ジャーマン・ピルスナーは味わいやコク、香りに差は出るものの、ビール全体から見たら五十歩百歩。 そしてこのビールも多くのピルスナーと同様、キレで勝負している感がある。 麦芽らしさ、コク、切れ、香り、旨味はあるものの、多彩な麦芽、ホップ、酵母の意味は、残念ながら見い出せない。 当たり前だが、日本の3大ビールメーカーの主力商品と比べると、ずっと美味い。
 ※2014年07月03日Himalaya Table(ヒマラヤ・テーブル)にて。





  宮崎県 Miyazaki




  延岡市 Nobeokashi



  ひでじ太陽のラガー


評価
★★★★
評価日
2014年02月21日
価格
-------
Maker
宮崎ひでじビール株式会社
タイプ
ジャーマン・ピルスナー
原 料
麦芽、ホップ
コク
●○○○○
苦み
●●●○○
風味
●●●○○
アルコール
4.5度
MEMO
 宮崎県延岡市の地ビール、宮崎ひでじビール株式会社は、1996年創業。 日本名滝百選の一つ、宮崎県の矢箸の滝の滝元にある。 調べてみると、ひでじ太陽のラガーは、2009年インターナショナル・ビアコンペティションでジャーマン・ピルスナー部門金賞に輝いた。 実は、飲みのメンバーが最初にこのビールを頼んで、1口飲ませてもらって2番目のビールにと心に決めた。 例えば、日本のビール大メーカの商品は、皆ジャーマン・ピルスナー・スタイルのビール。 ジャーマン・ピルスナーは、味わいやコク、香りに差は出るものの、ビール全体から見たら五十歩百歩。 多彩なエールに比べると、キレで勝負している感がある。 ひでじ太陽のラガーはもちろん、ジャーマン・ピルスナーなんで味わいにキレがある。 しかしエールにも負けない、ビール自体の旨味、重厚感。 恐らく水も良いのだろう、あんまり美味くて、ブッたまげた。 これはぜひ、ドイツ人に飲ませたいビールだ。
 ※2014年02月21日COOPER ALE'S(クーパー・エールズ)にて。





  沖縄県 Okinawa




  名護市 Nagoshi



  ゴーヤー・ドライ
  GOYA DRY



評価
★★★
評価日
2011年12月10日
価格
\400
Maker
ヘリオス酒造
タイプ
ピルスナー
原 料
麦芽、ホップ、糖類、ゴーヤー果汁
コク
●○○○○
苦み
●●●●○
風味
●●○○○
アルコール
5.0度
MEMO
 泡盛も造っているヘリオス酒造の発泡酒。発泡酒と言うと、税金対策に、麦を使わない手抜きビールと言うイメージがあるかも知れないが、このビールは別次元の野心的なビール。かの高名なベルギービールも、香りや味わいを強調するため、麦芽とホップばかりでなく、果汁を添加したり、香料を添加したりして、日本の法律では発泡酒となるものが多い。このビールは、苦味が特徴のピルスナースタイルのビールに、さらにゴーヤの汁を加えたと言う、苦味ばしったビール好きにはたまらん味付け。しかも、いやらしい苦みではない。惜しむらくは、もっと価格が安ければ、普段飲みビールに出来るのに・・・



  青い空と海のビール ヴァイツェン


評価
★★★
評価日
2011年12月10日
価格
\400
Maker
ヘリオス酒造
タイプ
ピルスナー
原 料
ピルスナー麦芽、小麦麦芽、ビターホップ
コク
●●○○○
苦み
●●●○○
風味
●●●○○
アルコール
5.0度
MEMO
 泡盛も造っているヘリオス酒造のヴァイツェン。ゴーヤー・ドライとは異なり、麦芽100%のモルツビール。小麦を使用したヴァイツェン特有の、バナナのような甘い風味、フルーティさがあり、後味に爽やかな苦味も残る。苦味にこだわるのが、このメーカの特徴のようだ。




  浦添市 Urazoeshi



  いちばん桜


評価
★★
評価日
2012年02月19日
価格
\240
Maker
オリオンビール
タイプ
ピルスナー
原 料
麦芽、ホップ
コク
●●○○○
苦み
●●●○○
風味
●○○○○
アルコール
5.0度
MEMO
 オリオンビールの麦芽100%の季節限定スペシャルビール。ピルスナースタイルのビールで、麦芽の味わいがありつつ、キレがあり、さっぱりスッキリした飽きの来ない味わい。