ドダン・ブーファンのポトフ
  タイム(thyme)



 シソ科の植物。日本名「たちじゃこうそう」。中国名「立麝香草」。フランス語でThym。原産地は地中海やトルコ付近。
 かなり古くから栽培されていて、メソポタミアの粘土板に栽培方法が記録されている程。
 古代ギリシャ時代から防腐作用がある事が知られ、語源もギリシャ語の防腐(thymon)から来ている。
 実際、タイムの香り成分チモールには、虫除け、殺菌、防腐力があると言われ、ヨーロッパで冷凍技術が発達する前は、肉の保存に、タイムは欠かせなかった。
 中世ヨーロッパでは、タイムの香りを気品ある香り、勇気と大胆の象徴と考え、出征する騎士に、貴婦人たちは、タイムの小枝を縫いつけたスカーフを送ったそうだ。
 ハム、ソーセージの保存のきく肉加工品はもとより、クラムチャウダーにもタイムは必須。また、オムレツに入れたりもする。
 フランス料理の煮込み料理でよく使われるブーケガルニには、このタイムは欠かせない。
 サイモンとガーファンクルの名曲、スカボロー・フェアの歌詞に、タイムが登場する。



Last Update 2003.08.22 Created by Majin