ドダン・ブーファンのポトフ
  イタリア料理のメニュー構成



 イタリア料理のメニュー構成の説明を以下に記す。
 なおコースの際に、これらを全て食べなければならないと言う訳ではなく、例えば軽い食事ならアンティパストとプリモ・ピアットやアンティパストとセコンド・ピアットと言うのもアリだし、酒を飲めない人ならアペリティーヴォを省くのも良い。
 要はイタリアンだもの、陽気に食べりゃあいいのさ。

  アペリティーヴォ(Aperitivo)


 食前酒の事。
 スプマンテ(スパークリングワイン)や、カンパリ、ベルモットなんかを飲むと良い。
 もちろん、ワインでも構わないし、省いて
ストウッツィキーノアンティパストに行っても構わない。

  べヴァンダ(Bevanda)


 食中に飲む、飲み物の事。
 スプマンテ(スパークリングワイン)や、ワイン、カクテルでも構わないし、酒が飲めなければ水でも構わない。
 省いて
ストウッツィキーノアンティパストに行っても構わない。

  ストウッツィキーノ(Stuzzichino)


 コース料理に入る前の、一口前菜。
フランス料理のアミューズに相当する。

  アンティパスト(Antipasto)


 前菜、野菜やソーセージ、ハムなどの軽めの料理が出て来る。一般的には冷たい料理だが、暖かいアンティパストもある。
 アンティパストは、以下のように表現される。
 ●アンティパスト・ミスト(Antipasto Misto)・・・前菜の盛り合わせ
 ●アンティパスト・フレッド(Antipasto Freddo)・・・冷たい前菜
 ●アンティパスト・カルド(Antioasto Caldo)・・・温かい前菜

  プリモ・ピアット(Primo Piatto)


 またはプリミ・ピアッティ(Primi Piatti)とも言う。直訳すると第一の料理。
 アンティパストの後に出て来る料理で、パスタ料理やリゾット、ズッパ(Zuppa/スープ)を食べる。

  セコンド・ピアット(Secondo Piatto)


 またはセコンディ・ピアッティ(Secondi Piatti)とも言う。直訳すると第二の料理。
 しかしフランス料理で言うメイン料理の事。魚を指すペッシェ(Pesce)、肉を指すカルネ(Carne)等の料理を食べる。

  コントルノ(Contorno)


 野菜の付け合わせの事。セコンド・ピアットには野菜は付け合わされていないので、野菜が欲しい場合コントルノを注文する。もちろん省略しても構わない。

  ドルチェ(Dolce)


 デザートの事。

  ディジェスティーヴォ(Digestivo)


 食後に飲む飲み物の事。
 酒ならば、蒸留ワインのグラッパ(Grappa)、レモンリキュールのリモンチェッロ(Limoncello)、甘く濃厚なワイン、ヴィンサント(Vinsanto)等を飲む。
 その他コーヒーならエスプレッソ(Espresso)なんかが定番。

  ピッコラ・パスティチェリア(Piccola Pasticceria)


 フランス料理で言う
プティ・フールの事。
 ディジェスティーヴォなんかでカフェやエスプレッソを飲む際のお茶請け。



 何品かの料理からアンティパストプリモ・ピアットセコンド・ピアットドルチェを決められた品数チョイスするのをメヌ・ア・シェルタ・ア・プレッツオ・フィッソ(Menù a Scelta a Prezzo Fisso)と言う。
 通常はイタリア語で言わずに、プリ・フィクスと呼ぶが。

Last Update 2005.01.17 Created by Majin