ドダン・ブーファンのポトフ
  グリュイエール(gruyere)



 スイスグリュイエール(グリエールとも言う)村で牛乳から作られる、ハードタイプのチーズ。
 ナッツの香りがし、世界で2番目にカルシウムが多い。AOCも取得している。

 グリュイエール村は、ベルンからレマン湖の途中、アルプスに入った高地にある小さな町。
 村の名前は、この地方を治めていたフランスのブルゴーニュ公爵の陪臣、グリュイエール伯爵から来ている。
 グリュイエールチーズは歴史が古く、12世紀初頭には修道院に納める1/10税の物品の1つとしての記録されている。
 つまり12世紀には、すでにグリュイエールチーズが存在していた訳だ。

 そのまま食べたり、チーズフォンデュ(cheese fondue)キッシュ・ロレーヌに使われる。

 ちなみに世界で1番カルシウムの多いチーズは、これまたスイス産のエメンタールチーズ
 グリュイエールチーズ工場

1枚目:グリュイエールチーズ
2枚目:チーズフォンデュ(cheese fondue)
3枚目:キッシュロレーヌ(Quiche Lorraine)



Last Update 2004.10.05 Created by Majin