ドダン・ブーファンのポトフ
  イドゥリ(Idli)/フルッフィー(fluffy)




  イドゥリ(Idli)

イドゥリ(Idli)
 南インド料理の、主に朝食、または軽食として食べられる、米粉で作ったパンケーキ。
 各種チャトニーサンバルカレーに付けて食べる。
 英語ではIdlyIddlyIdlisと表記される事もある。
 パンケーキを意味する、フルッフィー(fluffy)と呼ばれる事もある。

 レシピ一例は、米粉、ケツル小豆の粉、ベーキングパウダーで生地を作り、専用の蒸し容器の型にで成形して、蒸して作る。


イドゥリの型
 イドゥリの歴史は古く、920年のシヴァコチアチャラヤ(Shivakotiacharya)のカンナダ語の著作に、発酵させた黒レンズ豆の粉で作るイドゥリの原型と思われる料理が登場する。
 10世紀にチャブンダーラヤ2世(Chavundaraya II)の著したカンナダ語の百科事典に、レンズ豆を牛乳に浸してペーストにし、カード(凝乳)、スパイス、水を加えて作るイドゥリが登場する。
 12世紀のサンスクリット語の百科事典、マナソーラサ(Manasollasa)にも同様のイドゥリのレシピが登場する。


イドゥリの蒸し器
 イドゥリに米粉が使われた記録は、17世紀になってから。

 Idli から引用


  マサラ・ラヴァ・イドゥリ(Masala Rava Idli)

マサラ・ラヴァ・イドゥリ(Masala Rava Idli)
 南インド料理の、主に朝食、または軽食として食べられる、麦と豆で作ったパンケーキ。
 各種チャトニーサンバルカレーに付けて食べる。

 レシピ一例は、麦を炒め、マスタード・シード、ヒヨコ豆ケツル小豆を入れて炒め、デュラムセモリナ小麦粉、バターミルク、おろしたニンジンを加え、専用の蒸し容器の型にで成形して、蒸して作る。


  サナス(Sannas)

サナス(Sannas)
 ウドゥピ料理マンガロール料理の、イーストを利かせたイドゥリ
 サナ(Sana)とも、マンガロリアン・イドゥリ(Mangalorean Idli)とも言う。
 各種チャトニーサンバルカレーに付けて食べる。

 レシピ一例は、米とキマメを水に浸け、破砕してイースト砂糖を加え、常温で発酵させて蒸し器で蒸す。


  コート(Khotto)

コート(Khotto)
 カルナータカ料理ウドゥピ料理マンガロール料理の、ジャック・フルーツの葉にくるんで蒸したライス・ケーキ。イドゥリの一種。
 ジャック・フルーツの葉の香りが、コティージについて、独特の風合いになる。

 カルナータカ州沿岸の名物で、別名、コティージ(Kottige)コンカニ語ではガンダ(Gunda)とも言う。
 コティージ(Kottige)は、カルナータカ州チトラドゥルガ県の名物。

 ティファンとしてばかりでなく、祭祀の際のお供えとしても作られる。
 各種チャトニーサンバルカレーに付けて食べる。

 レシピ一例は、米とキマメを水に浸け、破砕して常温で発酵させて、ジャック・フルーツの葉に入れ、蒸す。

 Kottige から引用


Last Update 2015.05.14 Created by Majin