ドダン・ブーファンのポトフ Campion Ale(カンピオン・エール)


住 所
東京都台東区西浅草2-2-2 
電話番号
03-6231-6554
営業時間
月〜金 17:00〜23:00 土日祝 12:00〜23:00
休 み
無休
ジャンル
ブリューパブ
Web
http://www.campionale.com/jp/


料 理
シェパーズパイ \1.000
評 価
訪 問 日


 2013年12月14日オープンの、浅草のイングリッシュ・パブ&ブルワリー。つまり、ビールを醸造して、自分のパブで出すスタイル。
 海外でも、パブ&ブルワリーを略してブリューパブ(ブルーパブとも)と呼ぶ。
 近年のドラフトビールブームを受けて、ブリューパブは都内でも10軒以上が誕生している。
 オーナーのイギリス人、ウイリアム・ジェームス氏は、東京に観光で訪れて気に入り、自分の店を持つためにイギリスでクラフトビール醸造を勉強した。
 ブログ情報を見ると、この店のビールが美味いと書いている人多数。しかし料理のレビューは見当たらない。
 本日現在の食べログポイント3.25と、あまり良くない。口コミ12件しかなく、食べログの信頼性パラメータの低いレビュアーなのだろう。
 訪問したのは13時20分頃。田原町駅3番出口から国際通りを200メートルくらい北上、雷門一交差点の次の路地を左折、100メートルくらい先、道の右側に店がある。
 写真は、店の前に出ている看板。


 入口左側には中国製スチールのタンクがあり、本日は3種プラスアルファのエールが飲める。
 右側は客席で、丸テーブル、奥には普通にテーブル席もある。
 立って飲んでも良いが、どのテーブルにもイスがあり、一応座れるようにもなっている。
 食べログによると1階は17席、2階席と合わせ50席あるそう。訪問時点でちょうど白人団体客が出て行くところで、残りは日本人のみ3組6名。
 その後、2組4名の客が来た。
 注文したのはフェスティバル・エール、アンバー、シェパーズ・パイ
 本日の料理のコメントと評価は以下の通り。


 フェスティバル・エール \750

 詳しいコメントは、こちらを見て頂こう。


 シェパーズパイ \1.000  

 マッシュポテトの下に、調理した羊肉が入ったミートパイ、シェパーズ・パイ
 一説によると、羊肉を使うから、「羊飼いのパイ」を意味する料理名となったんだそう。


 具としては、大き目に切った羊肉ミンチ、ニンニク玉ネギニンジンセロリグリーンピース
 味付けは、ローレル胡椒等。
 自分はシェパーズ・パイを食べるのは初めてだが、中の具の味付けが決め手の料理だろう。
 その意味では悪くはない味付けだが、パッとしない味付けとも言える。
 まあまあの味だった。1ツ星。


 アンバー \750

 詳しいコメントは、こちらを見て頂こう。



 少なくともビールの美味さは素晴しい。
 もしもビール好きで、浅草に寄った際には、ビールを飲みに行って欲しい。


Last Update 2014.06.21 Created by Majin