ドダン・ブーファンのポトフ ピッツェリア・ジターリア・ダ・フィリッポ(PIZZERIA GTALIA DA FIlLIPPO)石神井公園


住 所
東京都練馬区石神井町2-13-5 グリーンハイム1F 
電話番号
050-5590-4514
営業時間
12:00〜14:30、17:30〜22:00
休 み
ジャンル
イタリア料理、ピッツェリア
Web
https://www.facebook.com/PizzeriaGtaliaDaFilippo


料 理
マリゲリータ酪恵舎(らくけいしゃ)マッキアート \1,400
ピッツァ分類
ナポリピッツァ
ピッツァの調理法
薪窯
評 価
食べ歩き休止中につき評価せず
訪 問 日


 石神井公園にある、評判の良いトラットリア、ピッツェリア。都心から遠いロケーションにも関わらず、連日満席だと言う。
 オーナーシェフで、ピッツァイォーロの岩澤正和氏は、家業がレストランで、2002年よりフランス、イタリアに渡航し、その際にナポリピッツァに魅せられた。その後日本で、サルバトーレ・クオモに勤務し、ピッツァイォーロの修業を始める。
 サルバトーレ・クオモの代々木店のピッツァイォーロだった2006年、代表であるサルバトーレ・クオモ、2003年に最優秀賞を受賞した大西誠ピッツァイォーロと共に、ナポリで開催されたピッツァ世界コンペンティションで最優秀賞を受賞。
 2007年に参加した際には、総合準優勝、2012年12月15日には独立してこの店をオープンさせ、さらに2011年、2013年、2015年にも受賞する、関係者も認める凄腕ピッツァイォーロ
 実は自分は、ピッツァ生地の発酵には適さない、この寒い時期にピッツァは食べに来たくなかったのだが、同行者の強い希望でやむなくこの店に来た。
 訪問したのは、11時55分頃。石神井公園駅北口から、石神井公園ピアレスの裏手、西友石神井公園店のとなりに店がある。
 まだオープンしていなかったので、入り口写真だけ撮って付近を一周して、12時直後に入店した。


 入店すると、ピッツァ薪窯は入口の正面に。ピッツァ薪窯の前にいるのが、岩澤正和氏ではないだろうか?
 店はカジュアルな雰囲気で、奥にも部屋がある。
 食べログによると、50席あるそう。訪問時点では、ガラガラだったのだが、その後すさまじい勢いで席が埋まり、すぐに満席に。
 この日、厨房に岩澤正和氏含め4名、接客3名の体制なので、これだけ従業員がいるなら、連日満席なのだろうな・・・と。
 店に来るまでは、この店の名物、ピッツァ・マルゲリータの豪華版、マルゲリータ練馬S.T.Gを注文するつもりでいた。
 しかしメニューにはもう1つ、面白そうなマルゲリータ酪恵舎(らくけいしゃ)マッキアートがあるではないか。
 ピッツァ・マルゲリータに使うモッツァレラは、新鮮であればあるほど美味い。つまり、国産が理想的なのだ。
 注文したのはマルゲリータ酪恵舎マッキアート、ドリンクはエスプレッソを注文した。
 本日の料理のコメントと評価は以下の通り。


 マリゲリータ酪恵舎(らくけいしゃ)マッキアート  食べ歩き休止中につき評価せず
 Margherita Rakukeisya macchiato

 見ていると、ピッツァイォーロは岩澤正和氏の他、もう1人いたが、自分のピッツァに関しては岩澤正和氏が焼いていた。その後、焼き手はもう1人のピッツァイォーロに交代。
 ピッツァを焼くのが上手なピッツァイォーロは、ピッツァ薪窯に入れたピッツァを、まめに動かしてピッツァに均等に火を入れる印象がある。
 しかし岩澤正和氏は、ピッツァパラピッツァ薪窯に投入した後、1度くらいしかピッツァの位置を変えず、取り出して皿に乗せていた。
 写真の通り、コルニチョーネが膨らんだ、美しいナポリ・ピッツァ。見た目から、サルサ・ポモドーロモッツァレラ、フレッシュバジリコのバランスも良さそう。
 ピッツァ生地は、フワフワもちもち。十分発酵して、良い小麦の香りがし、粉っぽさもない。
 ピッツァ生地の味は良いのだが、残念ながら、ピッツァ生地のグルテンが強く、食感が良くない。
 ピッツァ生地の味は良い事から考えると、これはピッツァ生地を作った際の問題ではないだろうか?もったいない事だ。
 サルサ・ポモドーロは薄いが、酸味は、旨味ともまずまず。ピッツァは、記事が主役なので、サルサ・ポモドーロはこれくらいで十分だろう。
 モッツァレラは、牛乳から作ったフィオル・ディ・ラッテ。国産と言う事もあり、フレッシュさ、そしてコクがある。
 酪恵舎モッツァレラを初めて食べたが、吉田牧場のモッツァレラに勝るとも劣らない逸品だと思う。
 フレッシュバジリコは、サルサ・ポモドーロを更に美味くする。
 ピッツァ生地、サルサ・ポモドーロモッツァレラバジリコのバランスも良い。
 美味いピッツァだった。
 ピッツァ生地のグルテンが、丁度良かったら、完璧なピッツァ・マルゲリータだったかも知れない。


 エスプレッソ  食べ歩き休止中につき評価せず
 Espresso

 クレマもいい感じに出ていて、クリーミー。少なくとも、エスプレッソマシンの使い方は、良いように思う。
 しかし残念ながら、苦みばかり強く、香りや風味、コクの点ではそれほどでもなかった。



 本日のピッツァ生地は、どうした事だろう?
 自分は岩澤正和氏の先輩弟子に当たる、大西誠ピッツァイォーロの焼いたピッツァを食べた事がある
 この店だって、同じくらいのレベルのものを作れるでしょう?今日のピッツァ生地の出来が、たまたまだったと思いたいな。

 なお自分は現在基本、食べ歩きを止めているので、この店の再訪は難しい事も付け加えておく。


Last Update 2018.04.20 Created by Majin