ドダン・ブーファンのポトフ PIZZA SALVATORE CUOMO SHIROGANE(ピッツァ・サルバトーレ・クオモ白金)
   →SALVATORE CUOMO(サルバトーレ・クオモ)白金台としてリニューアル


住 所
東京都港区白金1-29-9 
電話番号
03-5447-6465
営業時間
月〜金 11:30〜15:00、17:30〜23:30 土 11:30〜23:30 日 11:30〜22:00
休 み
無休
ジャンル
ピッツェリア
Web
http://www.salvatore.jp/


料 理
ピッツァ・マルゲリータ \1,500
ピッツァ分類
ナポリピッツァ
ピッツァの調理法
薪窯
評 価
★★★★★
訪 問 日


 先週は梅雨明け?って天候だったのだが、今週は雨がちで梅雨らしい天気。梅雨の季節に美味くなるのは、ピッツァ。なぜって、梅雨の高温多湿が、ピッツァ生地の発酵を促進させ、良い塩梅になる。
 最近チェーン店化していない?って言うサルバトーレサイトで調べてみたら、関東に19店舗もある!?しかしこの店は、世界一のピッツァ職人、大西誠氏がいる店。
 大西誠氏は、2002年にイタリアイスキア島に渡り、現地のピッツェリア(ピザ屋)で修行した。2003年9月、ナポリで開かれたピッァ・フェスタで、イタリア人以外では初めてチャンピオンとなった。以前テレビCMでも流れていたので、ご存知の方も多いと思う。
 訪問したのは、11時25分頃。店先には、宅配ピッツァを運ぶバイクがおいてある。へ〜え、宅配するんだ。店はガラス張りで、店内が良く見える。ガラス戸を開け中へ。
 店内は、コンクリート打ちっぱなしで、まるでカフェのよう。意外にも20席くらいの狭い店。カウンター席があり、その向こうが大理石のピッツァ作業台があり、さらに向こうにはナポリピッツァ窯がある。訪問時点で客は皆無。カウンター席に座った。
 ランチのピッツァは2種類。本日のピッツァピッツァ・マルゲリータ
 そばならもりそば、うどんなら素うどん、スパゲッティならアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ。シンプルだからこそ、主役の美味さが良く分かる。ピッツァの実力を測るなら、ピッツァ生地、サルサ・ポモドーロモッツァレラバジリコの葉だけのシンプルなピッツァ・マルゲリータでしょう。
 ピッツァ・マルゲリータを注文。大西誠氏は、鮮やかな手さばきでピッツァ生地を伸ばし、サルサ・ポモドーロモッツァレラバジリコの葉を乗せ、オリーブオイルをかけ、ナポリピッツァ窯に投入。
 ピッツァに焼きムラがないよう、こまめにピッツァを回転させている。注文後10分後にピッツァ・マルゲリータが出て来た。


 サラダ
 Insalatina

 ピッツァを焼いている間に持って来たサラダ。サニーレタストレビス、細切りにしたニンジンが入っている。


 ピッツァ・マルゲリータ ★★★★★
 Pizza Margherita

 大西誠氏がピッツァ生地を伸ばしているのを見て、随分でかいなぁとは思っていたものの、出て来てビックリ!!直径30センチくらい。小食の自分に食べきれるだろうか?
 ピッツァは、本場イタリアとは違い、ピザカッターでカットされたものが出て来た。食べてみると、めちゃ美味(涙)!!!
 ピッツァ生地は、フワフワモチモチ。小麦の香り良く、さりとて粉っぽさはない。発酵具合も良く、これ以上フワフワだとただのパンになってしまう。絶品ピッツァ生地のサヴォイに、勝るとも劣らない。
 サルサ・ポモドーロは鮮烈な酸味で美味い。サン・マルツァーノ・トマトしゃないか。丸くなっていない酸味は、サルサ・ポモドーロにほとんど火入れしていないのではないかと思われる。
 バジリコの葉は、ふんだんに散らされ、その香りはサルサ・ポモドーロの味をさらにふくらませる。
 使っているチーズは、水牛の乳で作ったモッツァレラ・ブーファラピッツァ・マルゲリータには、これでしょう!!牛乳から作るモッツァレラフィオル・ディ・ラッテとは違い、水牛の乳特有の風味、旨味、コクがあり、ピッツァに良く合う。
 それ以上に、ピッツァ生地、サルサ・ポモドーロモッツァレラ・ブーファラのバランスが良い。いずれも突出せず、高い水準でバランスが取れている。
 こいつはもう完璧、5ツ星。


 エスプレッソ
 Espresso

 悪くない香りのエスプレッソ。



 かなうなら、作りたてのモッツァレラ・ブーファラを使って、大西誠氏にピッツァを作って欲しい。恐らく、悶絶の美味さだろうな。
 余談だが、大西誠氏は、ピッツァ生地を伸ばす時、手元を見ていない。作業が体に染みついているのだろう。素晴らしい事だ。


Last Update 2003.07.23 Created by Majin