ドダン・ブーファンのポトフ Himalaya Table(ヒマラヤ・テーブル)


住 所
東京都千代田区内神田3-5-5 大同ビル2F 
電話番号
03-3525-4110
営業時間
月〜金 17:00〜22:00 土 15:00〜23:00
休 み
日祝
ジャンル
ネパール料理、インド料理、ビアバー
Web
https://www.facebook.com/Himalayatable1234


料 理
下記参照
評 価
★★★
訪 問 日


 2013年3月13日オープンの、神田ネパール料理店。メニューにはインド料理カレーナンもあるものの、メニューの主力はネパール料理
 自分の食べ歩き仲間、T氏によると、現在クラフトビールはブームなんだそうだが、美味いクラフトビールを出す店は料理が不味い。
 この店は美味いクラフトビールばかりでなく、美味いネパール料理も食べられるのだ。
 ブログ情報を見ると、意外にもクラフトビール好き、スパイス好きはいるもので、この店でビールとネパール料理を堪能している。
 本日現在の食べログポイント3.55と、まあまあの評価。ビックリな事に、レビュアーのほとんどがクラフトビールは言うまでもなく、ネパール料理をも理解している。
 レビュー数が24件に増えたが、このポイントなのは、食べログの信頼性パラメータの高いレビュアーが、良い評価をしているのだろう。
 訪問したのは18時25分頃。神田駅西口から、目前の通りを120メートルくらい先、内神田中央通りを左折、30メートルくらい先、道の左側に店がある。
 店はビルの2階。それだけでアドバンテージがあるが、さらに店の看板はこんな感じで地味。


 こちらは、ビルの入口の看板


 これは、2階に上がる階段にある看板。


 アジアの人がオーナーの店は、店の外観も内装もこだわらない場合が多いが、日本人オーナーの場合、店の概観も内装もこだわる事が多い。
 この店は日本人オーナーの店で、店の外観はきれいで、しかもドアを通じて見える内装もきれい。
 およそネパール料理店にはそぐわないオシャレな内装。店内木造のオシャレなバーで、イスの背が高いのもバーらしい。
 入口をすぐ左折して、奥左側が厨房。厨房内には、ドラフトビールマシンがある。
 食べログによると、26席あるそう。読者情報でも、知人情報でも、人気で結構混んでいるとの事だったが、今日はそれほどでもなかった。
 雨が少しだけ降ったり止んだりで、たまたま客足が落ちたのだろうか?
 テーブル半分くらい埋まったのみだった。
 料理人はネパール人1人だからか、混むと皿出しが遅くなる事がある。
 この店に行きたい方は、出来れば予約する事、皿出しの遅さには寛容になる事をオススメする。
 前回訪問の際に、ダル・バートを頼んでいた人がいたので聞いてみると、アラカルトでダル・バートを組むのだそう。
 注文したのはアチャール3種盛り、チャパティタンドリー・チキンキーマカレー、ダル、ナスカレーバスマティ・ライス
 本日の料理のコメントと評価は以下の通り。


 今日のビールのラインナップ。
 久々なんで、ラインナップは全く変わっている。


 パープルスカイ・ペール・エール \700

 詳しいコメントは、こちらを見て頂こう。


 パパド 担担麺

 お通し代わりに出された、ピリ辛の市販品のパパド


 アチャール3種盛り \500  ★★★

 ムラ・コ・アチャール 担担麺

 上は、大根のピクルス、ムラ・コ・アチャール。
 ムラ=大根、コ=〜の、アチャール=ピクルス。
 大根ニンジンが入っていて、ムラ・コ・アチャールは大根は干したものを使う事が多いが、この大根はフレッシュなもの。
 味付けは、ゴマペーストターメリック唐辛子クミンマスタード等。
 ゴマが濃厚で、クミンが利いていて、味が良い。

 アルー・アチャール

 以前同様の味。詳しいコメントはこちらを見て頂こう。

 ナスのアチャール 担担麺

 ナス、刻んだ玉ネギトマト のアチャール。
 ナスの甘味が出て、トマト の酸味が良く利き、炒めた玉ネギの甘味がある。
 3つの中では、最も唐辛子が利いていたが、味付けも良かった。

 いずれ味良く美味かった。3ツ星。
 4ツ星つけたいと思うくらい、出来が良かった。


 チャパティ \350  ★★★

 インドではナンはほとんど食べないが、反面チャパティは良く食べられる。
 高地で、小麦がほとんど取れず、かつ道路の交通インフラさえ満足でないネパールでは、カトマンズなんかの都市でなければナンは食べない。
 ナンを焼くにはタンドールが必要で、家庭でタンドールを持っているのは、相当な金持ち。
 ネパールでは米食するか、または小麦ならチャパティが良く食べられる。

 料理人のネパール人が、手延べして作っているチャパティ
 精製した小麦だけでチャパティを作る事もあるが、小麦が取れない土地柄だけに、小麦ふすまや雑穀を入れて作る事が多い。
 この店のチャパティも、雑穀の粉入り。
 食感はボソボソしているものの、小麦や雑穀の甘味と味わいがある。
 本来は、タンドリー・チキンばかりでなく、カレーに浸して食べたりする。
 自分たちは、つまみ代わりに食べた。
 美味かった。3ツ星。


 スワンレイク・ポーター \700

 詳しいコメントは、こちらを見て頂こう。


 タンドリー・チキン \650 担担麺  ★★★

 インド料理、とりわけ北インド料理のポピュラーな料理、タンドリー・チキン
 ネパール料理屋にもタンドリー・チキンを置いている店は多いが、それは日本人がネパール料理を知らないから。
 ネパールには、似たような鶏を焼いた料理にチキン・セクワがあるが、チキン・セクワがメニューにあって、注文する人がどれだけいるだろうか?

 この店の素晴しいところは、全ての料理に力を入れている事。
 大部分のインド料理店では、良く注文されるタンドリー・チキンを作り置いて、注文を付けてから温め直して出す。
 タンドリー・チキンの身がパサパサしているのは、ひとえに作り置いているから。
 この店では作り置きせず、注文を受けてから漬け込んだ生の鶏肉を出して焼く。

 焼き立てのタンドリー・チキンなので、身はシットリしている。
 スパイシーに味付けしたヨーグルトに漬け込まれ、鶏の身も柔らかくスパイシー。
 赤い色は、パプリカパウダーと唐辛子だが、辛味はピリッと利いているのみ。
 味付けのバランス良く、美味かった。3ツ星。
 これまた、4ツ星にしようかと思ったくらい、出来が良かった。


 キーマカレー \900 担担麺  ★★★

 インド料理ばかりでなく、ネパール料理にもキーマカレーはある。
 鶏挽肉のキーマカレー。ルックスはまるでインド料理キーマカレーのようだが、インド料理キーマカレーと、ネパール料理キーマカレーは、さほど変わらない。
 カレーソースは濃厚ではあるが、クドくはない。
 鶏挽肉の旨味が、カレーソースに溶けている感じがする。
 もっとサラサラしていたが、バスマティ・ライス向きな味だった。
 美味かった。3ツ星。


 ナス・カレー \800 担担麺  ★★★

 本日の日替わりカレーナスカレー
 名前をナスカレーとしたのは、その方が分かりやすいと思ったからで、正しくはナスサブジー
 サブジーじゃなく、大雑把にナスタルカリでも良い。
 炒めたナスを、店で予め作ったカレーペーストで炒めたもの。
 インド料理では、ナスをしっかり炒めないので、時々生に近いと思う事がある。
 この料理も生に近いとは思わないが、炒めはサッとしたのみで、ナスが十分に炒まっていない。
 カレーペーストはスパイシーで香り良く、味付けのバランスも良い。
 糸生姜と、コリアンダー・リーフがかかっている。
 美味かった。3ツ星。


 ダル \300 担担麺  ★★★

 ダル=豆と言う意味の、豆のスパイシー煮込み≒ダル・カレー
 ネパール料理では、食事にダルは必須。
 豆は何種かブレンドしているようだが、何を使っているか、レンズ豆くらいしか分からない。
 豆を煮込むと煮汁に甘味が出、旨味も出て来る。
 このダルは更に、玉ネギトマト で旨味の補強をしている。
 味付けはシンプル、クミンは焦げるまで炒め、油に香りを移している。
 唐辛子は穏やかに利いている。
 美味かった。3ツ星。
 おまけ4ツ星にしても良いと思うくらい、味が良い。


 バスマティ・ライス \450  ★★★

 インド料理のブランド米、バスマティ・ライス
 日本で言うと、コシヒカリとかあきたこまちのようなもの。
 炊き具合はやや柔らかいのは残念だが、パラパラしてスパイシーな料理と良く合った。
 美味かった。3ツ星。


 志賀高原IBA \700

 詳しいコメントは、こちらを見て頂こう。



 美味いドラフトのクラフト・ビールが飲めて、かつ美味いネパール料理が食える良い店だ。
 今宵も、満足だった。


Last Update 2014.12.04 Created by Majin