ドダン・ブーファンのポトフ Himalaya Table(ヒマラヤ・テーブル)


住 所
東京都千代田区内神田3-5-5 大同ビル2F 
電話番号
03-3525-4110
営業時間
月〜金 17:00〜22:00 土 15:00〜23:00
休 み
日祝
ジャンル
ネパール料理、インド料理、ビアバー
Web
https://www.facebook.com/Himalayatable1234


料 理
下記参照
評 価
★★★★
訪 問 日


 2013年3月13日オープンの、神田ネパール料理店。メニューにはインド料理カレーナンもあるものの、メニューの主力はネパール料理
 自分の食べ歩き仲間、T氏によると、現在クラフトビールはブームなんだそうだが、美味いクラフトビールを出す店は料理が不味い。
 この店は美味いクラフトビールばかりでなく、美味いネパール料理も食べられるのだ。
 実は食べ歩き仲間のN氏が、この店を自分にオススメしていたらしいが、全く記憶にない。N氏はアピールが下手なんだよ。
 ブログ情報を見ると、意外にもクラフトビール好き、スパイス好きはいるもので、この店でビールとネパール料理を堪能している。
 本日現在の食べログポイント3.52と、まあまあの評価。ビックリな事に、レビュアーのほとんどがクラフトビールは言うまでもなく、ネパール料理をも理解している。
 あれから1カ月で、レビュー数が倍以上の17件に増えたがこのポイントなのは、食べログの信頼性パラメータの高いレビュアーが、良い評価をしているのだろう。
 訪問したのは、19時55分頃。神田駅西口から、目前の通りを120メートルくらい先、内神田中央通りを左折、30メートルくらい先、道の左側に店がある。
 店はビルの2階。それだけでアドバンテージがあるが、さらに店の看板はこんな感じで地味。


 これは、2階に上がる階段にある看板。


 アジアの人がオーナーの店は、店の外観も内装もこだわらない場合が多いが、日本人オーナーの場合、店の概観も内装もこだわる事が多い。
 この店は日本人オーナーの店で、店の外観はきれいで、しかもドアを通じて見える内装もきれい。
 およそネパール料理店にはそぐわないオシャレな内装。店内木造のオシャレなバーで、イスの背が高いのもバーらしい。
 入口をすぐ左折して、奥左側が厨房。厨房内には、ドラフトビールマシンがある。
 食べログによると、26席あるそう。安全なコンティンジェンシー・プランのつもりで来たら、店は満席寸前で、辛うじてカウンター2席空いていたのみ。
 ちなみに読者情報によると、さらにこの店が人気になり、平日夜でも満席が多いそう。
 料理人はネパール人1人だからか、入店した際、皿出しが遅い旨言われた。
 この店に行きたい方は予約する事、皿出しの遅さには寛容になる事をオススメする。
 前回訪問の際に、ダル・バートを頼んでいた人がいたので聞いてみると、アラカルトでダル・バートを組むのだそう。
 ダル、タルカリ、アチャール、ライスで、アラカルトのダル・バートを注文した。
 本日の料理のコメントと評価は以下の通り。


 今日のビールのラインナップ。
 前回といくつか共通するのもあるが、多くのラインナップは変わっている。


 門司港ピルスナー \700

 詳しいコメントは、こちらを見て頂こう。


 パパド 担担麺

 お通し代わりに出された、ピリ辛の市販品のパパド


 ダル=豆のスパイシー煮込み、バート=ごはんと言う、ネパール定食、ダル・バート
 この店のメニューにはダル・バートはないが、アラカルトでダル、ごはん、アチャール、タルカリ1品をチョイスした。
 ネパールの国土の大部分は、インドより高山にあり、そのため亜熱帯、熱帯がほとんどのインドと比べると、気候が冷涼。
 気温が低いばかりでなく、高地でも育成するものでなければ作れず、インドほどには豊富にスパイスが獲れない。
 だから、インド料理と比べ、使うスパイスの数も少なく、さっと作る傾向にある。
 インド料理が味付けの素晴らしさ、スパイスの香りの多彩さで評価するのに対し、ネパール料理は、スパイスの香りの多彩さでは、評価してはいけない。

 いつもならセットメニューのダル・バートなので、全体としての評価だったが、今回はアラカルトのなので1品ずつ評価する。
 とは言え、考え方は大きく変わらない。


 ダル \300 担担麺  ★★★★

 ダルは、この組み合わせにおいて重要で、ダル・バートの美味さを決める重要なファクター。
 味付けは、ターメリック唐辛子クミン生姜等。
 スパイス使いはシンプルながら、豆の具合が良いので味が良い。
 他の料理でも思う事だが、この店のマガル族の青年は、味付けのセンスが良いと思う。
 豆はレンズ豆ベースで、豆のフレッシュさがあり、独特の甘味も旨味もある。
 もしかすると、旨味を補強する目的で、少しだけトマトを入れているかも知れない。
 今度食べる機会があったら、聞いてみよう。
 個人的には、SANSAR(サンサール)ご主人、ウルミラさんの作るダルの方が美味いものの、これもかなりのもの美味さ。
 素晴しかった。おまけ4ツ星。
 これ食って、普通とか言いやがる味音痴もいるだろうな。


 鶏肉・サヤインゲン・トマトのタルカリ \800 担担麺  ★★★

 タルカリとは、ネパール料理のおかずの総称。
 カレーのようなスパイシー煮込みから、野菜炒めのようなドライな料理まで千差万別。
 これは鶏肉サヤインゲントマトを炒めたタルカリ
 上に散らしているのは、細切りの生姜
 味付けは、恐らくこの店デフォルトで用意している、カレーペーストを使っているのだろう。
 店によってはいつ作ったの?と言う劣化したカレーペーストが出て来る事もあるが、この店の場合はスパイシーで、作ってさほど経っていないもの。
 料理自体も作り置きじゃないかと思われるが、恐らく本日夕方作ったのだろう。
 逆な言い方をすると、鶏肉にもサヤインゲンにも味が染みて、濃い味好きなら嬉しいかも(苦笑)。
 美味かった。3ツ星。


 アルー・アチャール \200 担担麺  ★★★

 ネパール料理ジャガイモのピクルス。
 アルー=ジャガイモ、アチャール=ピクルス。
 味付けは、ゴマペーストターメリック唐辛子クミンマスタード等。
 実に素朴な味ながら、ジャガイモの甘味が出ている。
 美味かった。おまけ3ツ星。


 ライス \300

 インディカ米もあったが、日本米にした。

 ダル・バートとしての満足度は、4ツ星相当。
 自サイトで、ネパール料理に目覚めた読者には、オススメ。


 宮島ビール・デュンケル \700

 詳しいコメントは、こちらを見て頂こう。



 クラフトビールも美味いし、スパイス好きでクラフトビール好きなら、たまらない店。


Last Update 2014.08.04 Created by Majin