ドダン・ブーファンのポトフ Himalaya Table(ヒマラヤ・テーブル)


住 所
東京都千代田区内神田3-5-5 大同ビル2F 
電話番号
03-3525-4110
営業時間
月〜金 17:00〜22:00 土 15:00〜23:00
休 み
日祝
ジャンル
ネパール料理、インド料理、ビアバー
Web
https://www.facebook.com/Himalayatable1234


料 理
スクティ \950 + チャタモリ \650
評 価
★★★
訪 問 日


 2013年3月13日オープンの、神田ネパール料理店。メニューにはインド料理カレーナンもあるものの、メニューの主力はネパール料理
 料理情報しか見ていない読者は分からないかも知れないが、実は自分ビール好き。未レポート分を含めると、世界のビール200種以上は飲んでいると思う。
 自分の食べ歩き仲間、T氏によると、現在クラフトビールはブームなんだそうだが、美味いクラフトビールを出す店は料理が不味い。
 この店は美味いクラフトビールばかりでなく、美味いネパール料理も食べられるのだ。
 実は食べ歩き仲間のN氏が、この店を自分にオススメしていたらしいが、全く記憶にない。N氏はアピールが下手なんだよ。
 ブログ情報を見ると、意外にもクラフトビール好き、スパイス好きはいるもので、この店でビールとネパール料理を堪能している。
 本日現在の食べログポイント3.52と、まあまあの評価。ビックリな事に、レビュアーのほとんどがクラフトビールは言うまでもなく、ネパール料理をも理解している。
 まだレビュー数8件しかないのにこのポイントなのは、食べログの信頼性パラメータの高いレビュアーが、良い評価をしているのだろう。
 訪問したのは19時45分頃。神田駅西口から、目前の通りを120メートルくらい先、内神田中央通りを左折、30メートルくらい先、道の左側に店がある。
 店はビルの2階。それだけでアドバンテージがあるが、さらに店の看板はこんな感じで地味。


 これは、2階に上がる階段にある看板。


 アジアの人がオーナーの店は、店の外観も内装もこだわらない場合が多いが、日本人オーナーの場合、店の概観も内装もこだわる事が多い。
 意外にも、店の外観はきれいで、しかもドアを通じて見える内装もきれい。
 およそネパール料理店にはそぐわない内装で、入店すると達者な日本語で迎えられたので、予想通りオーナーは日本人だった。
 店内木造のオシャレなバーで、イスの背が高いのもバーらしい。
 入口をすぐ左折して、奥左側が厨房。厨房内には、ドラフトビールマシンがある。
 予め調べないで来た自分は、この店のコンセプトが、こだわりのドラフトビールとネパール料理を出す店だと分かった。
 ダル・バートがあると思って来たが、残念ながらメニューにダル・バートはない。
 しかしネワール料理のウォーやチャタモリはある。
 料理人は若い男性のマガル族だそうだが、ネパール料理の名店、SANSAR(サンサール)で働いていた事があり、料理はウルミラさん仕込み。
 注文したのは、店自家製のスクティチャタモリ
 本日の料理のコメントと評価は以下の通り。


 南信州駒ケ岳エール \1,000

 詳しいコメントは、こちらを見て頂こう。


 パパド 担担麺

 お通し代わりに出された、ピリ辛の市販品のパパド


 スクティ \950 担担麺  ★★★

 スクティは、ネパール料理の干し肉。
 日本では羊肉、特にマトンで作るのがポピュラー。
 先日、日本では珍しい豚肉のスクティを食べた。ネパールでは、ヤクの肉がポピュラーなんだそう。
 この店では、厨房奥でスクティを干している。
 料理としてのスクティは、スクティをスパイシーに味付けして炒める、またはスパイシーに味付けして和える。
 このスクティは、スパイシーに味付けして炒めた、スクティブテコ
 味付けは、ターメリック唐辛子クミンパウダー、ニンニク等で、玉ネギトマトを一緒に炒めていいる。
 ネパール人は、日本人と異なり、肉は固いのを好む。
 このスクティは、多少日本人向けに、固くなり過ぎる前に出したの?とも思えるほど。
 それでも、スクティを食べた事のない人は、何て固い肉・・・と思うかも知れないが。
 料理人のネパール人は腕が良く、見ている範囲では調理も真面目に思えた。
 そして味も良い。美味かった。3ツ星。
 ただ、この内容でこの値段は高いように思うが。


 アウトサイダー・ホワイトチョコレート・エール \1,000

 詳しいコメントは、こちらを見て頂こう。


 チャタモリ \650 担担麺  ★★★

 ネパール料理の中でも、とりわけポピュラーなのは、ネワール族のネワール料理。
 ネワール族は、ネパールの首都、カトマンズ近辺に住む。
 チャタモリは、米粉で作ったロティのようなもので、主食として食べる。
 このチャタモリは野菜や肉、玉子を乗せた豪華なもの。
 日本で言ったらお好み焼き南インド料理だとウッタパムが近い。


 チャタモリ生地は、ドーサウッタパムとは違い、発酵させずに、そのまま米粉を練っているように思える。
 チャタモリの上には、味付けした挽肉、玉ネギ、細切りピーマン、乱切りのトマト、刻んだコリアンダーリーフ、半熟玉子が乗っている。
 ちなみに料理をしている若いネパール人は、マガル族
 彼は日本に来て初めて、チャタモリを見たのだそう。
 ぶっちゃけSANSAR(サンサール)と同じ考え方で作っていて、かつ味も遜色ない。
 もしかすると、ウルミラさんが作ればもっと美味いかも知れないが。
 今日のチャタモリは、縁はしっかり焼けてカリッと、中央はトロリともっちりしている。
 玉子好きの自分は、半熟玉子が嬉しい。
 美味かった。3ツ星。



 この店は、クラフトビールも料理も美味いと言う素晴らしい店。
 ただし料理が、ネパール料理と言うマイナー料理なのが玉に瑕(きず)だが。


Last Update 2014.06.16 Created by Majin