ドダン・ブーファンのポトフ よし房 凜(りん)


住 所
東京都文京区根津2-36-1 
電話番号
03-3823-8454
営業時間
月〜土 11:00〜14:45、17:30〜20:30 日 11:00〜15:00
休 み
ジャンル
そば
Web
http://homepage3.nifty.com/55rodesign/


料 理
だし巻き玉子 \650 + 手作りがんもどき \650 + せいろ \750 + 田舎(お代わり) \500
系 統
蕎麦上人系
評 価
★★★
訪 問 日


 根津の人気手打ちそば屋。2年前から、この店に行こうとして、行列が長かったり、満席だったりで、3度も振られている。
 いつ頃のオープンなのか、ハッキリしないが、インターネット情報から考えると、2003年か2004年じゃないかと思われる。
 店のご主人は、浅草蕎上人(そばしょうにん)で修業した方。つまりは、一茶庵系の流れと言う事だ。
 この店で食べて、かつこうしてレポートを書くために調べ、一茶庵系だと分かると、思い当たるフシがある。
 ブログ情報では、人気店だけあって皆絶賛し、かつリピートしていて、この店の熱烈なファンが多い事を伺わせる。
 本日現在の食べログポイント3.83もの高評価。レビュー内容は、賛否あるが、この店をとことん気に入っている人は多い。
 世の中、料理を数値評価するシステムで、評価者は評価数値に、コストパフォーマンスを含めている事が多い。
 ところが例えば食べログを見る人は、評価数値にコストパフォーマンスを含まれる事が抜け落ちたまま、数値の多い少ないだけで、店に行っているのではないか?
 この店の食べログポイントは高いが、それはこの店のそばが、手打ちにしては廉価だと言う事に、思いを馳せるべきだ。
 訪問したのは、19時45分頃。根津駅1番出口から、不忍通りを左折、380メートルくらい先、道の右側に店がある。
 店外観は、いかにもそば屋という感じ。やや地味ないでたちで、昼にあんなに行列するようには見えない。
 店に入ると、ほとんどテーブルは一杯だったが、1卓空いていた。
 店入口から見て、右奥に、ガラス張りのそば手打ちの作業室がある。
 食べる前に、手打ちなんか見せられると、プレゼンテーション効果大だろう。
 メニューを見ると、日本酒、焼酎、ワインと数は多くないが、面白そうなのを揃えている。
 つまみは、グランドメニューに1ページ、その他本日のオススメとして1ページある。
 注文したのは、グランドメニューからだし巻き玉子、手作りがんもどき、せいろ、田舎
 本日の料理のコメントと評価は以下の通り。


 初亀 純米吟醸 亀丸 生酒 \850

 メニューでは、初亀 富蔵 純米吟醸となっていたが、人気の酒なのか売り切れで、代わりにこの酒を出して来た。
 詳しいコメントは、こちらを見て頂こう。


 白和え  ★★★

 豆腐白和えなのだが、和えたのは、カキとリンゴのフルーツ。
 ダシ汁、和からしで味付けしていて、砂糖味醂は使っていない。
 フルーツが入っているから。
 豆腐の香りとコク、フルーツのさわやかな甘み、リンゴの歯ごたえ、あとにツンと和からしの香りが来る。
 食べた事のない、食材の組み合わせだが、これは美味かった。3ツ星。
 先日食べた、Chinese restaurant WASA(わさ)の料理と発想は似ているが、こっちの方が断然美味かった。


 だし巻き玉子 \650  ★★

 だし巻き玉子も、値段はそば屋によってピンきりだが、そこそこのポーションでこの値段。
 使っている玉子の原価は、それほど高くないであろう事が、想定される。
 食べて見て、ガッツリダシが利いた、だし巻き玉子。
 その分、玉子の旨味は引っ込んでしまっている。
 甘さ控え目なのも良いし、またカツオダシの味自体も良い。
 しかし自分、玉子にあまり多くのダシを入れるのを好まないし、主役食材の玉子より、ダシが利いているのも本末転倒。
 玉子にダシを多く入れると、焼いた時にダシが蒸発して、玉子生地が粗くなる。
 しかしその割りに、ご主人の腕が良いのか、思ったほど荒れた生地ではないのだが。
 玉子生地には、ダシを良く封じている。
 なかなか美味かった。2ツ星。
 主役の食材の玉子を活かしきれなかった・・・と言う事だな。


 手作りがんもどき \650  

 天ぷらにしようかとも思ったが、がんもどきの手作りは珍しいなと思い、注文した。
 潰した豆腐に、すりおろした山芋ニンジン昆布銀杏等を混ぜ、成形して油で揚げたもの。
 出て来た時に思ったのだが、揚げ油が気に入らない。
 油が古くなり、臭みが出かかかっている上、油自体の質もどうかと言う感じ。
 天ぷらも、このがんもどきもだが、値段が高くないので、食材の質もそう言う事なのだろう。
 いつも言っているが、安くて美味いは、UFOを見るより珍しい。
 油の風味のせいもあるのだが、そればかりでなくこのがんもどき、あまり味が良くない。
 これはベースとなる豆腐の質も関係あるのではないか?
 かかっているのは、カツオダシ、醤油そばの実を煮たもの。そばの実が柔らかい。
 もしかすると、そばつゆのかえしを使ったかも知れず、そうだとするとビックリするチープな味。
 そばの美味さとは、そば自体の美味さももちろんだが、加えてつゆの美味さも重要なファクター。
 もうひとつな味だった。おまけ1ツ星。


 せいろ \750

 つゆの特徴

 がんもどきで感じたように、しっかりカツオダシが利いているものの、さほど味が良くないつゆ。
 これは、カツオ節の質もあるだろうし、醤油の質もあるのだろう。
 甘めに味付けしていて、意外にもこの星入りのそば、田舎そばに合うが、やはりつゆのチープ感は否めない。
 後で調べ、一茶庵系だと知って、全く一茶庵系の特徴そのもののつゆだ。
 一茶庵系は、つゆが弱く、旨味が不足し、甘い味付けに走る店が多い傾向にある。


 並そばの特徴  ★★

 二八星入り(砕いたそば殻入り)のそばそばのエッジは鋭く立っている。
 星入りのせいか、そばの香りが良く、かつ二八のため、つるんとしてのど越しが良い。
 このそばの味が好きかどうかは、各人の好みとしても、キャッチーで分かりやすい味。
 そば自体は、二八の割には美味いと思う。
 しかし、つゆがこれでは・・・2ツ星。


 田舎(お代わり) \500  ★★

 外一田舎そば。色を見ても分かる通り、1番粉から、外層粉の甘皮まで製粉する4番粉まで入ったもの。
 実は、普通のそばがあの味なので、田舎そばも美味いだろうと注文したのだが・・・
 意外にも、香りの強さは、普通のそばより少し増したくらい、そしてのど越しは悪化してる。
 普通のそばより、田舎そばののど越しが悪化して、当たり前。
 しかし田舎そばは本来、のど越しが悪くても、香り高いから美味いのだが。
 なかなか美味かった。2ツ星。
 そばの出来から考えると、意外な結果だった。


 そば湯の特徴

 そばの食後に、つゆにネギを投入して、そば湯を注いだ。そば粉がたっぷり入った、ドロドロのそば湯。
 その割に、そばの香りが強くないのは、この店のそばの質がそれなりと言う事を物語る。



 何はともあれ、運良くこの店に入れて良かった。
 つゆのチープさは、改善を望むが、そばの出来も伸びしろを感じない。
 もっと美味いそばにするなら、そば粉から全体的に、見直したほうが良いのでは?


Last Update 2012.10.28 Created by Majin