ドダン・ブーファンのポトフ Puja(プージャー)


住 所
東京都荒川区町屋3-2-1 ライオンズプラザ町屋B1F 
電話番号
03-3800-1636
営業時間
11:30〜14:00、17:00〜22:30
休 み
ジャンル
インド料理
Web
http://sarodiya.exblog.jp/


料 理
ボージ \1,600
評 価
★★★★
訪 問 日


 2006年5月27日オープンの、町屋インド料理店。この店が異彩を放っているのは、都内でも珍しい、西ベンガル料理が食べられると言う事。
 西ベンガル州で暮らしていた、日本人のご主人が料理をする。以前接客していた、西ベンガル州出身の奥様は、子供を連れて店にいる事が多い。
 2010年からだろうか?西ベンガル州ターリーターラを初めとする、セットメニューを始めたんだそう。
 ブログ情報を見ると、さすが日本で数少ないベンガル料理専門店と言う事もあり、有名ブロガーがー多数訪問しいずれも絶賛している。
 本日現在の食べログポイント4.00もの、インド料理店では神評価。本日現在の東京都/インド料理ランキング5位の高評価。
 コメントは賛否あり、どうしてこのポイントなのか不思議だが、食べログ言うところの、信頼性のあるレビュアーの評価が高いという理由。
 この店のご主人も人間だから、多少出来の良し悪しはあろうが、悪く評価している人が、ベンガル料理を理解しているようには思えなかった。
 訪問したのは20時35分頃。町屋駅1番出口から、尾竹橋通りを北千住方面へ400メートルくらい先、道の左側、ライオンズプラザ地下1階に店がある。
 「ナンありません」の張り紙が、硬派やねぇ。
 インドでは、ナンはほとんど食べられていないのだ。


 ライオンズプラザ地下1階は、ちょっとした広場の周りに、居酒屋や韓国料理店なんかの飲食店が、10軒近く並んでいる。
 地下への階段を降りて、右側に店がある。
 店の前には、「当店はナンをやっていません」と、張り紙している。
 日本で、どのインド料理店に行っても、ナンがあるので、インド人はナンばかり食べていると思っている日本人が、ほとんど。
 しかしナンを焼くには、タンドールが必要で、そんな高価な設備は、一般庶民宅には用意されていない。
 ナンを食べられるのは、相当な金持ちか、または街でナンを焼く飲食店に買いに行くか。
 この店はベンガル料理店で、西ベンガル州インドで一番米の生産量が高い州。
 ナンをやめたのは、ベンガル料理を出すと言う意味では、勇気ある正しい決断だと思う。でも、経営としては、どうなんだろうか?


 店内は食堂風で、元々居酒屋、あるいは焼肉屋だったのか、右側にこあがりの座敷がある。
 席数は見た感じ、30席少々と言ったところか。訪問時点で客はなく、その後も客は来なかった。
 この店は、食べログ高ポイントにも関わらず、食べログがあまり集客に貢献していない店だな。
 メニューを見てビックリ!アラカルトを出すようになったのか?・・・と思ったら、ポージのメニューをアラカルトで出している。
 ポージーとは、西ベンガル州の祝い事の際に作られる、豪勢な食事のセットメニュー。
 今回もまたポージを注文し、ライスは、日本米かバスモティ・ライスをチョイス出来るので、バスモティ・ライス


 一般的インド料理店では、作り置きしている可能性大のセットメニューより、アラカルトの方が美味い。
 しかし、メニューを見る限り、ターラ、ポージと同じメニューのアラカルトなので、美味さが変わらないと思われる。
 本日のポージは、ダル、魚のカレーはマチェル・トーク(魚のタマリンド煮)、ショルシェ・マーチ(魚のマスタード煮)、トルカリ(野菜料理)、バスモティ・ライスパポル、チャトゥニ、ミシュティ(デザート)、もう1品選べるカレーは、キーマー・ググニをチョイスした。
 本日の料理のコメントと評価は以下の通り。


 自分は今まで知らなかったのだが、この店でかかっいている音楽は、詩聖と呼ばれ、アジア人初のノーベル賞受賞者、現在のインド国家の作曲者ののラビンドラナート・タゴールの曲だそう。
 西ベンガル州出身の奥さんが、同郷のラビンドラナート・タゴールの崇拝者でもあるのだそう。


 キリン・ハートランド \500

 詳しいコメントは、こちらを見て頂こう。


 ボージ \1,600  ★★★★

 ボージは、店のご主人によると、ターラの豪華版で、祝い事の時に食べる特別定食なんだそうだが、現時点ではそれ以上は調べても分からなかった。
 いつもの通り、ボージをバスモティライスで注文したが、内容を見ると、2品が魚のカレー
 さらにカレー1品チョイスできるが、1品がチキン、1品がマトン、1品がエビ、2品が魚になっている。
 ご主人にこの事を聞くと、現在魚のカレーを店で推しているのだそう。
 ボージの全景。バスモティ(バスマテイ)ライスパポル(パパド)
 チャトニーは、タマリンドチャトニー
 カレーは、左から時計と逆周りに、ダル、トルカリ(野菜料理)、マチェル・トーク、ショルシェ・マーチ、キーマー・ググニ。


 ダール 担担麺

 ダールとは、インドの豆のカレー。ダール=豆。
 いつものこの店の高品質のダル。
 味はダルの甘味、そして旨味が凝縮して、舌触りもなめらか。
 いつも通りの美味さ。詳しいコメントは、こちらを見て頂こう。


 ショルシュ・マーチ 担担麺

 ベンガル語でショルシュ=マスタード煮、マーチ=魚。
 今日の魚は、トビウオだそう。
 魚は冷凍物でややパサパサしているが、日曜だし、しょうがないか。
 この料理は、以前も食べている。詳しいコメントは、こちらを見て頂こう。


 マチェル・ジョール 担担麺

 ベンガル語でマチェル=魚、ジョール=辛い。魚はサバ
 日曜なんで、サバの身がパサパサして、コンディションが悪いのはしょうがない。
 タマリンドの酸味は、魚との相性が良い。
 カレーソースの味自体は、いつもながら素晴しい。詳しいコメントは、こちらを見て頂こう。


 キーマー・ググニ 担担麺

 以前も食べている、乾燥豆入りキーマカレー。
 インドはとにかく豆を食うが、日本ではインドほど豆が売られていない。
 この乾燥豆は、日本で売っているのだろうか?
 相変わらず、素晴しい味の良さ。詳しいコメントは、こちらを見て頂こう。


 トルカリ 担担麺

 キャベツジャガイモのトルカリ。
 甘酸っぱいが、唐辛子も少しだけ使い、スパイシーさもある。
 素朴な味付けだが、いつもなが美味いな。


 プルーン・チャトゥニ 担担麺

 トマトプルーンレーズンチャトゥニ
 甘酸っぱいが、唐辛子も少しだけ使い、スパイシーさもある。
 カレー類の口直しに最適。


 バスモティライス

 この店が、ナンをやめた代わりに、目玉として出しているインドのブランド米。
 日本で言うと、ササニシキとかあきたこまちのようなもの。
 湯取法で炊かれた、パラパラしたバスモティ・ライス。ベンガル語だと、バスモティ・ライスと発音するのかな?
 今日の、バスモティ・ライスの炊き具合は、文句ナシの最高レベル。
 このくらいの固さなら、カレーをかけても、柔らかく感じないし、香りも良かった。

 パポル

 揚げた市販のパポル(パパド)。バスマティ・ライスの湯気で、柔らかくなってしまうのは残念。


 ライスプディング

 ご主人から、そう言われて出されたが、これってライスパヤサムじゃない?
 いつもながら、この店のインドデザートは素晴らしく、味香りとも申し分ない。
 特に、ミルクの濃厚さと香り、甘さのバランスが素晴しい。
 ごはんも、入れ過ぎてないところが良い。

 今日はちょっと魚のコンディションが・・・とは思ったものの、味付けはいつもながら素晴しい。
 かなり美味かった。おまけ4ツ星。



 インド料理好きには、もっと行って欲しい店だ。


Last Update 2013.07.21 Created by Majin