ドダン・ブーファンのポトフ 笹家(ささや)


住 所
埼玉県さいたま市見沼区東大宮1-76-1 
電話番号
048-688-0394
営業時間
11:30〜14:00、17:00〜20:30
休 み
ジャンル
うなぎ
Web
http://www5b.biglobe.ne.jp/~sasaya/


料 理
ほたるいかの塩辛 \500 + 白焼き(上) \2,050 + 鰻重(上) \2,600
料 理 法
関東風
評 価
★★★★
訪 問 日


 東大宮にある、うなぎ料理店。有名店じゃないので、全然情報がない。しかしHPによると、「注文を受けてから蒸すので、40分くらいかかります」との事だ。
 うなぎは、乾燥に弱い。作り置きすると、うなぎの身が硬くなってしまう。40分以上と時間がかかるが、注文を受けてから捌かなければ、美味いうなぎにはありつけない。
 食材にもこだわって、大井川供水うなぎのマルトクや本ワサビ醤油味醂もちゃんとしたものを使っている。醤油味醂は、スーパーでマトモなものの方が、極端に少ないからなぁ。
 訪問したのは、11時50分頃。東大宮駅の東側の出口を出て、第2産業道路まで南下、第2産業道路を大和田方面へ。パッパパスタを目印に左折、住宅地を250メートルくらい直進した道の右側に店がある。


 店の入り口は不思議な事に、通りに面していない。中国では、風水で玄関を決めるため、必ずしも通りに面して玄関があるとは限らないが、この店も風水で入り口を決めたのだろうか?
 のれんをくぐり、格子戸を開け中に入ると、土間の通路の両側は、障子戸のこあがりの個室。
 左側の障子戸を開けると、4人がけのテーブルが3卓。うち1卓のみに客がいた。右側の障子戸にも客がいたようだが、どんな具合だったのか不明。
 この店では、並のうなぎは、普通の養殖うなぎ。上のうなぎからは、大井川供水うなぎ。ほたるいかの塩辛と白焼きの上、鰻重の上を注文。
 本日の料理のコメントと評価は以下の通り。


 翠露 純米無濾過生原酒 \800

 詳しいコメントは、こちらを見て頂こう。


 骨せんべい

 カリカリしていながら、油っぽさのない、アッサリした骨せいべい。日本酒よりは、ビールに良く合うかな?


 ほたるいかの塩辛 \500  ★★★

 ホタルイカ塩辛塩辛って言うより、まるで沖漬けのよう。
 市販品なのかな?しかし、生臭さもなく、強い醤油味で塩辛いものの、味が良い。肝のほろ苦さがたまらない。日本酒に良く合う。
 美味かった。3ツ星。
 この濃い味なら、ごはんにも合うだろうな。


 白焼き(上) \2,050  ★★★

 うなぎの工程は、捌き、串打ち、白焼き、白蒸し、タレを付けて焼く。
 この店のHPには、「注文を受けてから、うなぎを蒸す」と言う事は、裏返すと白焼きまで作り置いていると言う事になる。
 前回食べた時は、捌き立て同様のしっとり、トロリとした、かなり美味いうなぎだったが、今回はわずかながら、作り置きのボソッとした食感が残っている。
 まあ、気にしなければ、気にならない程度ではあるのだが。
 ワサビ醤油、粉山椒醤油、両方で食べたが、両方とも大井川供水うなぎと相性が良かった。
 それでも、変なうなぎ屋で食うより、ずっと美味かったりする。3ツ星。


 本ワサビが、鮫皮おろしでおろされていたので、アップで取ってみたら・・・ピント、ボケてるし(涙)。


 鰻重(上) \2,600  ★★★★

 女将に確認したら、大振りな大井川供水うなぎ1匹との事だったが、出て来たのは小振りな大井川供水うなぎ1.25匹。
 大振りなうなぎが無かったのであろうか?
 白焼きまで作り置きなのは、上記同様。同じく、わずかながら作り置き特有の、ボソッとした食感を感じる。
 タレは、前回同様に薄味で、絶品の美味さ。
 このうなぎでは、5ツ星は与えられないな。わずかな作り置き感の分、4ツ星。
 それでも、世の標準からすると、ずっと美味かったりする。


 漬物は、自家製?それとも市販品?いずれにせよ、とても美味い。
 肝吸いも、前回同様、臭みもなく、ダシも良く、かなりの美味さ。



 日によって、コンディションもあるだろうし、今回は悪い方に出てしまったのかも知れない。
 この店のHPに、蒸しから始めるので、40分待ちますと書かれているが、いっその事、注文を受けてから捌きますので、1時間待ちますに変更してはいかがだろうか?
 この店のご主人は、腕が良いのも認めるし、タレも絶品。回転率とかあるのかも知れないが、こっちは1時間くらい待ったって構わない。
 そうすれば、いつでも絶品うなぎが食べられると思うのだ。


Last Update 2008.12.22 Created by Majin